筋トレダイエットの有酸素運動の時間はどれくらい?通勤時間やる方法は?

筋トレ 時間ない

忙しい現代社会を生きる人々にとって、内臓脂肪の改善に筋トレなどの運動療法が効果があることは分かっている方も多いと思います。

しかし、なかなか運動をする時間が取れない人が多いのではないでしょうか。

なので、空いている時間を有効活用して筋トレの運動療法で内臓脂肪ダイエットを行いましょう。

室内用自転車や、ルームランナーを使用すれば、テレビを見ている時間も内臓脂肪を減らす運動療法を行う事ができます

テレビを見ているだけではカロリーは殆ど消費されません。

 でも、テレビを見ながら室内自転車を1時間筋肉トレーニングとして使用すると、約300キロカロリーも消費することが出来るのです。

このように、限りある時間を有効に活用して、日常生活に筋トレで内臓脂肪を撃退のためのダイエットを取り入れてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク


筋トレダイエットの有酸素運動の時間はどれくらい?

筋トレ 有酸素運動 時間

筋トレで内臓脂肪を燃焼させるダイエットを行うには、筋力をアップさせて基礎代謝を向上させる必要があります。

それと同時に、内臓脂肪を燃焼させる有酸素運動を併用すると、効率よく内臓脂肪を減らす事ができます。

 しかし、有酸素運動は「20分以上運動を持続しないと内臓脂肪などの脂肪は燃焼しない」と考えて、有酸素運動を躊躇している人も多いのではないでしょうか?

実は、20分間も続けて有酸素運動を行わなくても構いません

つまり、10分ずつにわけて2セット行っても、内臓脂肪などの脂肪燃焼効果は変わらないのです

 重要なのは、連続時間より合計時間ですので、連続して20分以上の有酸素運動をするのがきつい場合は、何回かに分けて運動するようにしましょう。

有酸素運動を大変なものとは考えずに、筋トレダイエットと合わせて活用しながら、内臓脂肪を撲滅しましょう。

スポンサーリンク


通勤時間に筋トレで内臓脂肪ダイエットをやる方法

通勤時間 筋トレ

筋トレで内臓脂肪の予防や改善のためのダイエットには、運動療法がもっとも効果的といわれています。

しかし、筋トレダイエットを行おうとしても、忙しい社会人などは、なかなか時間が思うようにとれず、なかなか実行に移せない人も多いのではないでしょうか。

 そういう場合は、通勤時間を利用して、内臓脂肪撃退の筋トレダイエットを行いましょう。

車や電車からの通勤を、自転車に変えるだけで、太ももの筋肉が鍛えられますので、筋トレダイエットになります

 電車を利用する場合は、つり革を使わないで立ったり、こっそり片足だけで立つようにすれば、太ももやお尻の筋肉を鍛える事ができます。

 電車やバスのシートに座る場合でも、脚を地面におかず、数センチ浮かすように離せば、お腹の筋肉を鍛える筋トレダイエットになります。

このように通勤時間を上手に利用して、筋トレで内臓脂肪を減らすダイエットを行ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク


コメントを残す