筋トレによる内臓脂肪ダイエットの正しいスクワットのやり方とは?

筋トレ ダイエット 筋肉痛

筋トレは、内臓脂肪を減らすためのダイエットとして欠かせません

しかし、運動する習慣が今まであまり無かった人が急に運動をすると、筋肉痛になってしまう事が多いのではないでしょうか。

 筋トレによる内臓脂肪ダイエットの運動療法において、筋肉痛にならないようにするには、運動する前に柔軟体操を取り入れることで筋肉痛が軽減されます。

なので、運動をする習慣が無い人は、柔軟体操も取り入れるようにしましょう。

筋トレで、普段使わない筋肉を動かす内臓脂肪ダイエットを行うと、誰でも筋肉痛になります。

しかし、筋肉痛になるということは、体が筋肉を再結成しているサインですので、良い運動をしたという証拠にもなります。

 もっとも、筋肉痛で日常生活に支障がでるような場合には、筋トレによる内臓脂肪ダイエットをした後に、筋肉のマッサージを行うと、多少は回復が早まります。

なので、筋肉マッサージを行い、明日の筋力トレーニングに備えるようにしましょう。

スポンサーリンク


筋トレによる内臓脂肪ダイエットの正しいスクワットのやり方

筋トレ ダイエット スクワット

筋トレによる内臓脂肪ダイエットで、同時に体力アップをしましょう

筋トレによる内臓脂肪ダイエットの一つとして、スクワットがあります。

スクワットは、ふくらはぎや太ももなど、下半身の筋肉をバランスよく鍛え、体力アップ効果も期待できる運動です。

また、スクワットは、体力をつけるために部活動などで行っていた方も多いかと思われます。

しかし、正しいやり方でしないと、無駄に筋肉を傷めてしまう恐れもありますので、気をつけて行いましょう。

 

正しいスクワットのやり方

 まず、脚を肩幅まで広げて背筋を伸ばし、腕を頭の後ろで組みます。

 背筋を垂直にしたまま、太ももが水平になるまでゆっくりと腰を下ろしていきます。

 太ももが床と水平になったところで止め、元の状態にゆっくりと戻します。

スクワットの回数やセット数は、自分の体力に合わせて決めて構いません

自宅で気軽に出来る筋トレによる内臓脂肪ダイエットのスクワットですので、2日に1回は取り入れて、体力アップも同時に図りましょう。

スポンサーリンク


筋トレによる内臓脂肪の坂道ダッシュは体力アップにおすすめ

筋トレ 坂道ダッシュ

筋トレで体力アップに効果のある内臓脂肪ダイエット方法の一つに、坂道ダッシュがあります。

 坂道ダッシュとは、下半身全体の筋力を向上させる効果と、心肺機能が向上しますので、相互的に体力をアップすることが可能なトレーニングになります。

また、坂道ダッシュは、自分の体力に合わせた坂道を選び、全力で走りきる場所が最適です

坂道を登りきった所で、テンポよく下るのも筋肉を使いますので、だらだら降りずに、テンポ良く降りるようにしましょう。

 体力に合わせて、5~10セットを一日で行うようにすると、内臓脂肪ダイエットとともに体力アップができます。

選ぶ坂道の場所は、普通の道路を使用する事が多いかと思いますが、車や通行人の邪魔にならないように、配慮することも大切です。

特に坂道ダッシュは、筋力向上と体力アップにかなり効果的なトレーニングですので、早く体力をあげたい人には、お勧めのトレーニングの一つです。

スポンサーリンク


コメントを残す