内臓脂肪を減らすための食事の摂り方

内臓脂肪を減らすために、いくら筋力トレーニングを行っていても、外食ばかりしていては効果は期待できません。
ダイエット 外食

外食のメニューは、栄養バランスが悪く、高カロリーのものが多いですので、内臓脂肪が蓄積されやすくなってしまいます。

しかし、外食をまったくしないのも逆にストレスとなったり、食事の用意の負担が大きい所から、途中で投げ出してしまう原因となってしまいます。

なので、外食をする場合には下記のことを頭に入れて、メニューを選ぶようにしましょう。

1、麺類を頼む場合には、野菜が沢山入っているものを選び、ラーメンやうどんなどの汁は残すようにしましょう。
2、飲み物を選ぶ際は、カロリーがないものを選びましょう。
3、外食をする場合は、計画を立てて頻度を少なくしましょう。

スポンサーリンク

以上のことを気をつけて外食をすれば、筋力トレーニング中でも、内臓脂肪の改善効果が薄れるのを避けることができます。

また、内臓脂肪を蓄積しにくくする方法には、食事の回数を多くとるという方法があります。

この内臓脂肪を減らす食事療法は、一日の食事回数を3回ではなく、5回~6回に分ける代わりに、1回に摂取する量やカロリーを調整する方法です。

1回の食べる量を減らし、食事回数を増やすという食事療法をすると、痩せやすい体となり、内臓脂肪を減らす事が出来るようです。

食事と食事との間は、2時間ぐらいを目安にするのがいいのですが、筋力トレーニングを行う場合は、空腹時の方が効率があがりますので、その点も考慮に入れるようにして下さい。

スポンサーリンク


体が慣れない場合は、無理をせずに体調管理を心がけて行うようにして下さい。

さらに、内臓脂肪の蓄積の予防や改善をする為の食事療法の基本は、一日三食を必ず食べることです。

規則正しい食生活

食事回数を増やす食事療法もありますが、この食事療法は 基本の一日三食が出来ている方のみに有効な方法ですので、一日三食を実行してない方は、まずここから始めましょう。

朝食を抜いてる人も多いようですが、朝食を抜いてしまうと基礎代謝が落ちますので、せっかく筋力トレーニングで基礎代謝を上げても、効果が激減してしまいます。

また朝食を摂取すると、頭の働きが活発になり、体温も上昇しますので、筋力トレーニング運動する威力も沸いてきます。

ですから、欠かさず三食の食事を取るように心がけましょう。

 

ちなみに、いくら筋力トレーニングなどの運動療法を行っていても、運動したからといって食事の量を増やすと、内臓脂肪ダイエットの効果が激減してしまいますので、日々の食事は腹八分目に抑えるように努力しましょう。

特に、夜の食事で過剰に摂取したカロリーは、体に蓄積されやすく内臓脂肪や、メタボリックシンドロームになってしまいます。

腹八分目を実行するのはなかなか難しいですが、少ない量でも満腹感を味う為に、よくかんで食べますと満腹中枢を刺激し満足感を得ることができますので、試されてみてはいかがでしょうか。

内臓脂肪を減らすには、筋力トレーニングだけに頼らず、食事の取り方も考えなければ、よい結果は生み出せません。
 

スポンサーリンク

2013/08/02 内臓脂肪を減らすための食事の摂り方 はコメントを受け付けていません。 食事の摂り方