内臓脂肪を減らすための運動療法と食事療法

内臓脂肪を減らすにあたって、筋力トレーニングを行う前に、食事の仕方を変えてみませんか。

ダイエット 食事の摂り方

食事の中でも、間食や夜食などは内臓脂肪を蓄積させてしまう原因となります。

食事に掛ける時間が短い早食いや、一口で食べる量が多い人が内臓脂肪率が多い所から、早食いも内臓脂肪を蓄積させる原因の一つでないかと言われています。

  早食いの生活習慣は、子供の頃からの癖になっていますので、すぐに直す事は難しいですが、意識してゆっくり食事をするように心がけることで改善されます。

また、良く噛んで食べることも、早食いを改善する効果だけでなく、満腹中枢が刺激され、少ない量で満足できますので、内臓脂肪の蓄積を防ぐのに大きな役割をもってくれます。

早食いを直し、良く噛む食事療法と、筋力トレーニングなどの運動療法を合わせて、効率よく内臓脂肪を減らしましょう。

スポンサーリンク

  内臓脂肪を減らすためには、筋力トレーニングなどの運動療法と食事療法は必要不可欠になりますが、効率よいやり方をしないと、同じ運動療法をしても結果が変わってしまいます。

運動療法や食事療法に取り掛かる前に、正しい知識を得てから実行するようにしたほうが、効率よく内臓脂肪を落とす事ができます。

ダイエット 水分補給

  筋力トレーニングや食事療法の秘訣は、食事を済ませてお腹が落ち着いた頃か、空腹時に行と筋肉が鍛えやすく、脂肪燃焼も向上するので、お腹がからっぽの状態を狙って行うのがポイントです。

また筋力トレーニングの運動療法には、水分補給は大切ですが、その時の飲料水も、お水やお茶など、カロリーが低いものを選ぶようにしましょう。

スポーツドリンクなどは、意外とカロリーが高いですのであまりお勧めできません。

 

ところで、運動する習慣が今まであまり無かった人が急に運動をすると、筋肉痛になってしまう事が多いのではないでしょうか。

筋力トレーニングにおける運動療法において、筋肉痛ににならないようにするには、運動する前に柔軟体操を取り入れることで筋肉痛が軽減されます。

なので、運動をする習慣が無い人は、柔軟体操も取り入れるようにしましょう。

普段使わない筋肉を動かす筋力トレーニングを行うと、誰でも筋肉痛になりますが、筋肉痛になるということは体が筋肉を再結成しているサインですので、良い運動をしたという証拠になります。

ただ、筋肉痛などで日常生活に支障がでる場合には、筋力トレーニング後にマッサージを行うと多少は回復が早まりますので、明日の筋トレダイエットに備えるようにしましょう。

スポンサーリンク


最後に、内臓脂肪を減らすために筋力トレーニングの運動療法を行っているならば、パソコンで日記をつけてみてはどうでしょうか。
ダイエット日記

内臓脂肪の予防や改善する為の日記とは、体重やウエストの測定結果に加えて、毎日のコメントを記録したものになります。

この日記は、毎日測定して記録する事が基本です。

毎日測定して、日記に書く事で自分の体重や測定した場所の変化がわかりやすいですし、筋力トレーニングの励みになるのではないでしょうか?

また、いい結果が得れなかった場合も、改めて過去の日記を読み直す事で、改善策や筋力トレーニングメニューへの足がかりになるかと思います。

毎日日記をつけるのは、大変な事だろうと思いますが、筋力トレーニングの励みや、内臓脂肪の予防や改善の為に、頑張って続けてみてはいかがでしょうか。

 

ちなみに、しっかりと糖質や脂質を分解してくれる酵母がたっぷり入った酵素を摂ることで、食事の量をそんなに減らさなくてもダイエットできるっていうのも最近人気がありますね。

それに酵素には、野菜や海藻などから抽出した栄養素を多く含んでいますので、野菜嫌いの方でも大丈夫ですし、酵素のパワーでお肌の調子も良くなり、化粧ノリもバッチリだと口コミでも評判です。

特に、お腹周りや太もものブヨブヨに悩んでいる方などの食事療法の一つとして、生きた酵素が取れるグリーンベリースムージーのダイエットも良さそうですね。

スポンサーリンク

2013/08/02 内臓脂肪を減らすための運動療法と食事療法 はコメントを受け付けていません。 運動療法と食事療法