筋力トレーニング(下半身編)

筋力トレーニング スクワット

筋力トレーニング スクワット
次は、下半身の筋力トレーニングで体力アップを図りましょう。

筋力トレーニングの一つ、「スクワット」はふくらはぎや太ももなど、下半身の筋肉をバランスよく鍛え、体力アップ効果も期待できる運動の一つです。

スクワットは、体力をつける目的で学生時代などに部活動で行っていた方も多いかと思われます。

  しかし、簡単に思えるスクワット運動も正しいやり方でしないと、ダイエットどころか逆に筋肉を傷めてしまう結果にもなりかねませんので、その辺は特に気をつけましょう。

スポンサーリンク

まず、肩幅まで脚を広げ背筋を伸ばし、腕を頭の後ろで組みます。

背筋を垂直にしたまま、太ももが水平になるまでゆっくりと腰を下ろしていきましょう。

太ももが床と水平になったところで止め、元の状態にゆっくりと戻します。

スクワットは自分の体力に合わせて、回数やセット数を決めましょう。

自宅で気軽に出来る筋力トレーニングのスクワットですので、2日に1回は取り入れ、体力アップを図りましょう。

 

また、体力アップ効果のある筋力トレーニング方法の一つに、「坂道ダッシュ」があります。

坂道ダッシュとは、下半身全体の筋力向上効果と、心肺機能が向上しますので、総合的に体力をアップすることが可能なトレーニングの一つです。

坂道ダッシュは、自分の体力に合わせた坂道を選び、全力で走りきるものです。

坂道を登りきった所で、テンポよく下るのも筋肉を使いますので、だらだら降りずに、テンポ良く降りるようにしましょう。

体力に合わせて、5~10セットを一日で行うようにしましょう。

 
選ぶ坂道は、普通の道路を使用する事が多いかと思われますが、車や通行人の邪魔にならないように、配慮することも大切です。

坂道ダッシュは、筋力向上や体力アップにかなり効果的なトレーニングですので、早く体力をあげたい人には、お勧めのトレーニングになります。

スポンサーリンク


筋力トレーニングを行って体力アップを行うには、休息を取ることも大切な事になります。

体力アップをさせるために筋肉をつけるのですが、筋肉というものは、休息をとらなければ筋肉の発達の効率が落ちてしまうといわれています。

その理由は、筋力トレーニングなどのトレーニングを行うと、筋肉は傷がつきます。

その傷は時間を置くと治るのですが、治る時に筋肉はさらに太くなって治るという性質があるからなんです。

これが、筋肉の力がアップするということなのです。

しかし、治る時期に休息をしないと筋肉が傷つくだけで、回復しにくくなってしまいます。

ですので、筋力トレーニングなどで筋肉を鍛えた後は、休息日を入れることが大切になってきます。

筋力トレーニングで体力アップを図るときは、適度な休息日を入れて、筋肉を効率よくつけるようにしましょう。

最近では、スムージーなどを併用した筋力トレーニングなども効果的でおすすめです。

スポンサーリンク