簡単な筋力トレーニングの方法

内臓脂肪 筋力トレーニング

内臓脂肪を減らすためには、筋力トレーニングなどの運動療法が効果的です。

しかし、忙しい社会人にとって、筋力トレーニングなどの運動療法が、内臓脂肪の予防や改善に役立つと分かっていても、なかなか時間がとれない人が多いのではないでしょうか。

  日々筋力トレーニングが出来ない場合でも、街中をジムの代わりにして運動をしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク


街の中やビルの中は、坂道や階段がありますので、あえて体を動かすルートを選べば、街中がジムの役割を果たしてくれます。

また、回り道を使ったり、電車を一駅分歩く事も、効果的な内臓脂肪の運動療法になります。

内臓脂肪を減らす運動

こうやって見回すと、街の中はまるでジムのように見えてきませんか?

このように、筋力トレーニングが出来ない場合でも、日常生活に運動療法を取り入れる事が十分可能なのです。

その一つに、通勤時間を上手に利用して、内臓脂肪を撃退するための筋力トレーニングを行うこともできます。

通勤を、車や電車から自転車に変えることで、太ももの筋肉が鍛えられますので、筋力トレーニングになるのです。

 

  また、電車を利用する場合でも、つり革を使わないで立ったり、こっそり片足だけで立つようにすれば、太ももやお尻の筋肉を鍛える事ができます。

座る場合にも、脚を地面におかず、数センチ離せば、お腹の筋肉を鍛える筋力トレーニングになります。

このように通勤時間を上手に利用して、内臓脂肪を減らすために筋力トレーニングを行ってみてはいかがでしょうか。

ダイエット 有酸素運動

さらに、内臓脂肪を減らすには、筋力トレーニングと合わせて有酸素運動を取り入れると、効率よく内臓脂肪を燃焼させる事が出来ます。

有酸素運動は、時間をかけることにより効果が増しますので、忙しい日々を送っている方には、筋力トレーニングは実行できても、なかなか有酸素運動まで出来ない人が多いのではないでしょうか。

ですので、通勤時間や昼休みなどを利用して、日常生活の中に有酸素運動を積極的に取り入れるようにしましょう。

  通勤電車の駅を一駅分歩くとか、昼休みは遠い店まで脚を運ぶとか、階段を積極的に選ぶなどをすれば、街中が運動の場に変わります。

ちょっとした工夫をすることで、内臓脂肪を効率よく落とす事ができますので、試しに実践してみて下さい。

スポンサーリンク


ちなみに、有酸素運動は「20分以上運動を持続しないと内臓脂肪などの脂肪が燃焼しない」と考えて、有酸素運動を躊躇している人も多いのではないでしょうか?

実は、20分続けて有酸素運動を行わなくても、10分ずつにわけて2セット行っても、内臓脂肪などの脂肪燃焼効果は変わらないのです。

  重要なのは、連続時間より合計時間ですので、連続して20分以上の有酸素運動をするのがきついという方は、何回かに分けて運動するようにしても良いですし、スムージーなども効果があります。

こうした酵素入りのドリンクなども筋力トレーニングと上手に合わせて活用し、内臓脂肪を撲滅しましょう。

スポンサーリンク



シボヘール
2013/08/02 簡単な筋力トレーニングの方法 はコメントを受け付けていません。 簡単な運動