朝バナナダイエットの方法と効果について

手軽で安価で始められるダイエットには、朝バナナダイエットという方法もあります。

時間やお金をかけてするダイエット方法はたくさんありますが、簡単で気軽に始められるダイエットが一番ですよね。

  朝バナナダイエットは、やり方も簡単ですし、特に大きな制限もないので、内臓脂肪ダイエットとしてもおすすめです。

朝バナナダイエットの方法と効果あるやり方

朝バナナダイエット 効果

  朝バナナダイエットの方法ですが、一言で言いますと、「朝食にバナナを食べる」というだけのことです。

  バナナは食べたいだけ何本でも食べて構いません。

  ただし、お腹や体が冷えるので、バナナは冷やしたものではなく、常温のものがいいです。

  それと同時に、常温の水を一緒に飲みます。

水の量も決まっていませんので、どれだけ飲んでもいいので、お腹が空いたら頻繁に水を飲むようにしましょう。

スポンサーリンク

 

  また、朝バナナダイエットの場合は、昼食や夕食に制限がなく、好きなものを食べてもいいのが成功するコツですね。

食事制限があるダイエットだとストレスに感じてしまいますし、そうなるとなかなか続けられないのですが、朝バナナダイエットはその点が安心です。

  ただし、米をできるだけたくさん食べて、おかずを減らす方がもっと効果的です。

朝バナナダイエットには食事制限はないものの、やはり夕食は早めに食べる方がいいです。

太る原因というのは、夕食を食べる時間にも大きく関係してきます

夜遅くに夕食を食べていると、朝バナナダイエットの効果は期待できないと考えてください。

18時までに食べるのが理想的ですが、さすがに仕事していたらその時間は無理ですよね。

なので、遅くても20時までに食べるように心がけましょう。

  勿論、食後のデザートはNGです。

  でも、3時のおやつは食べても構いません。

  あと、大切なことは睡眠をしっかりと摂ることです。

1日の疲れをちゃんととらなくては、体質も良くなりません

それに、疲れていると基礎代謝も上がりませんし、痩せやすい体質にもなりませんよね。

私も夜更かししたい時もありましたが、できるだけその日の日付が変わる前までに寝るようにしていました。

スポンサーリンク


 

  さらに、バナナには疲れを取ってくれる効果もあるので、質の良い眠りも得られるようになります。

眠っている間に体質改善が進行する感じなので、ぐっすりと眠らなければ朝バナナダイエットの効果も現れにくいです。

  また、胃腸を長い時間休ませてあげることも大切です。

そして、朝になると空腹の状態になるので、そこでお腹いっぱいバナナを食べましょう。

 

まとめ

朝バナナダイエットなら、そんなに意気込まずできると思いませんか?

バナナはフルーツの中でも皮を剥くだけで食べることができますし、本当に手間もかかりません。

内臓脂肪ダイエットで簡単な方法をお探しなら、まず、朝バナナダイエットから始めてみても良いかも知れませんね。

スポンサーリンク

コメントを残す