肩甲骨ダイエットのメリットとデメリットや効果とは?

朝夜たった5分のエクササイズでできる肩甲骨ダイエット

テレビでゲッタマンさんがやってるのを見て、意外と簡単に痩せれそうだと思った方も多いのではないでしょうか。

ダイエットしたくてもなかなか時間のない方にはおすすめのダイエット方法かもしれません。

そんな肩甲骨ダイエットのメリットとデメリットや、その効果などを見ていきいましょう。

肩甲骨ダイエットのメリットと効果

肩甲骨ダイエット メリット

朝と夜にたった5分間肩甲骨を動かすだけで、脂肪を燃焼しやすい体になるというのは嬉しいメリットですよね。

脂肪燃焼というと、激しい長時間の運動をイメージしますが、短時間でソフトなストレッチをするだけでいいのでこれは魅力的です。

スポンサーリンク


 

ダイエット成功のコツとして、実はこの肩甲骨がポイントです。

  肩甲骨や首の周りには、「褐色脂肪細胞」というものがあり、この褐色脂肪細胞に脂肪を燃焼してくれる働きがあるんです。

むやみやたらと体を動かすよりも、褐色脂肪脂肪を刺激して活性化させる方が効率がいいですよね。

  なので、基礎代謝が上がり、痩せやすい体になりますし、血流やリンパの流れもよくなるので、体のむくみや冷えも解消してくれそうです。

老廃物もすっきりとリンパにのせて流してくれそうですね。

また、インナーマッスルも鍛えられる効果もありますよ。

 

  肩甲骨ストレッチは、ダイエット効果だけでなく、肩こりも解消してくれる効果もあります。

普段、デスクワークしていて毎日パソコン操作などを長時間している方は、肩がこり固まっていることが多いと思います。

私も一日中、座ってパソコンとにらめっこですので、肩がぱんぱんになることが度々あります。

  肩甲骨ダイエットでは、肩周りを動かしながらストレッチしていくので、肩こりのほぐし効果もあるというのは嬉しいですよね。

 

食事については、私たちの体が持っている「概日リズム」に合わせた食事法ということで、決まった時間にバランスの良い食事を摂ることを大切としています。

普通は朝にたくさん食事を摂り、昼、夜とだんだん量を控えていくイメージですね。

でも、この概日リズムによると、朝にたくさん食べてしまうと毒素がうまく排出できなくなり、太りやすい体質になると言われていいるんです。

なので、朝食は胃に負担をかけないフルーツ単品がおすすめです。

昼や夜は食べたいものを食べても構いませんが、夕食は就寝する3時間前に済ませるようにしましょう。

スポンサーリンク


肩甲骨ダイエットのデメリットと効果

  私がまずデメリットとして挙げる点は、朝食にフルーツだけしか食べてはいけないというのが、ちょっとしんどいと思いました。

朝はやはりたっぷりと朝食をとりたいので、フルーツだけでは少し物足りなくて、お腹が減ってしまい、ついつい間食してしまいそうになってしまいます。

でも、それをしてしまうと逆効果ですから、グッと我慢が必要です。

 

肩甲骨ダイエットは何の準備も必要なく、手軽にできる分、効果が出始めるのがゆっくりですので、即効性がないのもデメリットですね。

なので、基礎代謝を上げることから始めたいという方や健康のためのストレッチとして、肩甲骨ダイエットを始められるのには良いかもしれませんよ。

スポンサーリンク



シボヘール

コメントを残す