内臓脂肪とメタボとの関係は?食べないダイエット方法の危険性とは?

内臓脂肪 メタボ 関係

これまでダイエットというと、皮下脂肪ばかりが注目を浴びていました。

しかし最近では、内臓脂肪の方が注目を浴びているようですね。

内臓脂肪というのは、皮膚と臓器の間ではなく、内臓周辺に蓄積された脂肪の事をいいます。

この内臓脂肪は、近年話題になっているメタボの原因であり、中高年を中心にとても危険な脂肪なんです。

そこで今回は、内臓脂肪とメタボとの関係食べないダイエット方法の危険性内臓脂肪の蓄積のメカニズムと予防対策などについてご紹介します。

内臓脂肪とメタボリックシンドロームとの関係とは?

内臓脂肪 メタボ 関係

筋トレダイエットを始める前に、まず内臓脂肪とメタボリックシンドローム(メタボ)との関係を知っておくことが大切です。

内臓脂肪は、メタボの診断基準において、もっとも重要視される必須項目になっています。

内臓脂肪によって、さまざまな病気が引き起こされる事をメタボリックシンドローム(メタボ)と呼びます

 このメタボを改善するためには、まず内臓脂肪から手をつけなければいけません。

メタボは肥満症や高血圧、糖尿病、高血病などを併用して引き起こす可能性のある怖い病気です。

これらの病気が重複すると、動脈硬化にまで発展する恐れがあります。

そこで、メタボの原因となる内臓脂肪を筋トレダイエットで撃退しましょう。

内臓脂肪を撃退するには、筋トレダイエットは有効な解決策なのです

スポンサーリンク


食べないダイエット方法の危険性とは?

食べない ダイエット 危険性

内臓脂肪による肥満の予防や改善には、減量をするのが効果的です

 しかし、ただ単に食べないダイエット方法を選んでしまうと、内臓脂肪は減らずに、筋肉や水分がメインに落ちてしまう危険性があります。

生き物の体の中で重要な発熱性器官となる筋肉は、筋肉中のブドウ糖からエネルギーを生み出しています。

ところが、無理な食事制限などの食べないダイエットで筋肉が減少してしまうと、エネルギーの消費量が落ち、代謝が低下して太りやすい体になるのです。

さらに、内臓脂肪が蓄積されてしまう恐れもあります。

そのためには筋肉の力を向上し、基礎代謝を上げる筋トレダイエットが有効になります。

 筋トレダイエットは、筋肉を保持し強化することで、内臓脂肪の蓄積を妨げ、脂肪の消費に役立ててくれます。

なので、体重重視ではなく、筋肉を保持できるダイエット法の筋肉ダイエットを利用して、内臓脂肪を撲滅しましょう。

スポンサーリンク


内臓脂肪の蓄積のメカニズムと予防対策するには?

内臓脂肪 蓄積 メカニズム

内臓脂肪の蓄積のメカニズムは、私たちが食べた物から始まります

食べ物はエネルギー源に変換されて、消費されます。

 しかし、消費されずに残ったものは中性脂肪として皮下脂肪や肝臓に溜まっていきます。

中性脂肪は筋肉を動かし、体温を保ってくれる大切なエネルギー源ですが、運動不足で消費するエネルギー量が少ないとさらに溜まるいっぽうです。

こうして余分に溜まった中性脂肪は皮下だけでなく、内臓の周りにもついていき内臓脂肪へと変化していくのです

 

内臓脂肪を予防対策をするには、筋トレダイエットを利用して基礎代謝を上げることが効果的な方法の一つになります

 食事制限のみのダイエットを行うと、減ったカロリーを補うために、筋肉のタンパク脂質がエネルギーに変換され、筋肉が落ちてしまいます。

また、筋肉が落ちると、基礎代謝は低下し太りやすい体質になってしまいます。

逆に、基礎代謝が高いと痩せやすい体質になるのですが、その基礎代謝は筋肉の量に比例しますので、筋トレダイエットは必要不可欠になります。

内臓脂肪を改善する為には、基礎代謝を上げ、胸や背中、お腹、脚などの大きな筋肉を鍛え、基礎代謝が上がる筋トレダイエットメニューを優先的に取り組むようにしましょう。

 

まとめ

皮下脂肪と比べて内臓脂肪は、運動や食事制限、生活習慣の改善を行えば、けっこう簡単になくす事ができます。

つまり、筋トレダイエットは、内臓脂肪を撃退するのに有効な運動の一つなんです。

また、筋肉を強化する筋トレダイエットは、基礎代謝が向上し、内臓脂肪を燃やしてくれる効果があります。

内臓脂肪が心配な方は、これからでも筋トレダイエットを始めてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク


コメントを残す