シイタケや黒豆の食物繊維で内臓脂肪を効果的に撃退しましょう!

内臓脂肪

内臓脂肪を予防し改善するには、筋力トレーニングによる体力アップダイエットが有効な方法ですが、普段の食事にも気を使う必要があります。

そこで、出来るだけ普段の食事の中に、「食物繊維」が多く含まれている食品を取り入れるようにして、頑固な内臓脂肪を撃退しましょう。

食物繊維は、低カロリーな上に胃の中で水分を吸って体積が大きくなります。

そのため、満腹感が与えられ食べすぎ防止になり、内臓脂肪の蓄積を防ぐ事ができます。

また、食物繊維には貯蔵されているコレステロールを引っ張り出して使う働きや、便通をよくする働きがあります

なので、基礎代謝を向上することができ、太りにくい体質や内臓脂肪を溜めない体質作りにも役立ちます。

 食物繊維が多く含まれる食品としては、寒天や黒きくらげ、ひじきなど低カロリーのものもありますが、シイタケや黒豆などが効果的です。

内臓脂肪 食物繊維

スポンサーリンク


シイタケの食物繊維を利用したダイエット方法

しいたけ 食物繊維

内臓脂肪の予防や改善方法に、筋トレダイエットとも併用できる方法の一つとして、シイタケを利用したダイエット方法があります。

シイタケには、豊富な食物繊維が含まれています

また、他のきのこには含まれていない「タリタデニン」という成分があります。

 このタリタデニンという成分は、脂肪を分解した後の要らない悪玉コレステロールを体外に排出してくれる働きを持っていますので、内臓脂肪の蓄積を防ぐ効果があるそうです。

もともと、しいたけ自体のカロリーは低いですし、内臓脂肪を改善する食事の基本は和食です。

なので、和食に合ったシイタケメニューを日々の食事に取り入れて、内臓脂肪を撃退しましょう。

最近では、しいたけチップスなども販売しているそうですから、筋トレダイエットの合間や、おやつ代わりに食べてもいいかもしれませんね。

あなたも、筋力トレーニングによるダイエットだけでなく、食事にも気を使いながら、効果的に内臓脂肪を減らしていきましょう。

スポンサーリンク


黒豆の食物繊維の含有量と内臓脂肪撃退法

黒豆 食物繊維 含有量

内臓脂肪の予防や改善方法には、筋トレダイエットが有効ですが、「黒豆」を利用した食事療法でも、内臓脂肪撃退する事が出来ます。

 黒豆には、アントシアニンというポリフェノールの一種が含まれていて、この成分が内臓脂肪の蓄積を抑え、コレステロールの排出を助ける働きをしてくれます。

また、アントシアニンポリフェノールというのは、「腹部脂肪沈着抑制効果」もありますので、肝臓内の脂肪の蓄積を抑え、中性脂肪も少なくする働きも持っています。

さらに、黒豆の食物繊維の含有量は、100g当たり6.3gと豊富なので、余分な脂肪が溜まるのを防いでくれます

従って、「黒豆」を利用した食事療法でも、お腹のダイエット効果に期待ができますし、内臓脂肪の改善にも役立ってくれるでしょう。

ただし、これらの効果を出すためには、一日に10㎎以上を摂取する食事療法が必要になります。

そこで、黒豆を使ったお茶やココアなどを上手につかって、内臓脂肪ダイエットに励みましょう。

スポンサーリンク


コメントを残す