【筋トレで内臓脂肪ダイエットする場合の食材選び】朝食や外食はどうする?

筋トレ ダイエット 食材

 内臓脂肪を落とすために、筋トレでダイエットはかかせない運動療法になりますが、食事の際の食材選びにも内臓脂肪を減らすためのポイントになります。

食材にはそれぞれ優れた効果を得られるものがありますので、内臓脂肪対策に効果があるものを、積極的に選んでみてはいかがでしょうか。

内臓脂肪対策に最適といわれている食材

 脂肪消化:トマト

 低脂肪:まぐろの赤身、鶏肉ささみ、白身魚

 コレステロール抑制:胚芽米、プルーン・レバー

これらの食材を使った食事メニューを利用して、内臓脂肪を減らして行きましょう

内臓脂肪を減らす効果のある食材を上手に利用して、美味しい食事を作り、筋トレダイエットで基礎代謝を向上すれば、内臓脂肪は効率よく落とすことが可能です。

スポンサーリンク

筋トレで内臓脂肪ダイエットする場合の朝食

筋トレ ダイエット 朝食

筋トレで内臓脂肪を減らすダイエットの運動療法の他にも、食事療法を行う事が大切です

 内臓脂肪の蓄積の予防や改善をする為の食事療法の基本は、一日三食を必ず食べることになります。

食事回数を増やす食事療法もありますが、この食事療法は基本の一日三食が出来ている方のみに有効な方法です。

なので、まず一日三食を実行してない方は、まずここから始めましょう。

 朝食を抜いてる人も結構多いようですが、朝食を抜いてしまうと基礎代謝が落ちてしまいます。

そのため、せっかく筋トレで内臓脂肪ダイエットをして基礎代謝を上げても、効果が激減してしまいます。

また、朝食を摂取すると、頭の働きが活発になり、体温も上昇しますので、筋トレでダイエット運動する威力も沸いてきます。

なので、毎日の食事は欠かさず三食、きちんと取るように心がけましょう。

スポンサーリンク


内臓脂肪ダイエット中の筋トレと外食

ダイエット 筋トレ 外食

筋トレで内臓脂肪を減らすダイエットを行っていても、外食ばかりしていては効果は期待できません

 外食のメニューは、栄養バランスが悪く、高カロリーのものが多いですから、内臓脂肪が蓄積されやすくなってしまいます。

しかし、外食をまったくしないのも逆にストレスとなったり、食事の用意の負担が大きい所から、途中で投げ出してしまう原因となってしまいます。

 そのため、外食をする場合には、下記のことを頭に入れて、メニューを選ぶようにしましょう。

 麺類を注文する場合には、野菜が沢山入っているものを選び、ラーメンやうどんなどの汁は残すようにしましょう。

 飲み物を選ぶ際は、カロリーがないものを選びましょう。

 外食をする場合は、計画を立てて頻度を少なくしましょう。

以上のことを気をつけて外食をすれば、筋トレで内臓脂肪ダイエット中でも、内臓脂肪の改善効果が薄れるのを避けることができますよ。

スポンサーリンク

コメントを残す