筋トレダイエットの有酸素運動の時間はどれくらい?通勤時間やる方法は?

筋トレ 時間ない

忙しい現代社会を生きる人々にとって、内臓脂肪の改善に筋トレなどの運動療法が効果があることは分かっている方も多いと思います。

しかし、なかなか運動をする時間が取れない人が多いのではないでしょうか。

なので、空いている時間を有効活用して筋トレの運動療法で内臓脂肪ダイエットを行いましょう。

室内用自転車や、ルームランナーを使用すれば、テレビを見ている時間も内臓脂肪を減らす運動療法を行う事ができます

テレビを見ているだけではカロリーは殆ど消費されません。

 でも、テレビを見ながら室内自転車を1時間筋肉トレーニングとして使用すると、約300キロカロリーも消費することが出来るのです。

このように、限りある時間を有効に活用して、日常生活に筋トレで内臓脂肪を撃退のためのダイエットを取り入れてみてはいかがでしょうか。

「筋トレダイエットの有酸素運動の時間はどれくらい?通勤時間やる方法は?」の続きを読む…

内臓脂肪ダイエットするには、食事の回数や主食、腹八分目が大切です!

内臓脂肪 ダイエット 筋トレ

筋トレで内臓脂肪を減らすためのダイエットと併用して、食事にも気を使い、内臓脂肪の改善効率を上げましょう。

内臓脂肪を蓄積しにくくする方法には、食事の回数を多くとるという方法があります。

 この内臓脂肪ダイエットの食事療法は、一日の食事回数を3回ではなく、5回や6回に分ける代わりに、1回の摂取する量やカロリーを調整するという方法です。

1回に食べる量を減らし、食事回数を増やすという食事療法をすると、痩せやすい体となり、内臓脂肪を効率的に減らす事が出きます。

それと、食事と食事との間は、2時間ぐらいを目安にするのがいいです

ただし、筋トレで内臓脂肪ダイエットを行う場合は、空腹時の方が効率があがりますので、その点も考慮に入れるようにして下さい。

体が慣れない場合は、無理をせずに体調管理を心がけて行うようにしましょう。

「内臓脂肪ダイエットするには、食事の回数や主食、腹八分目が大切です!」の続きを読む…

【筋トレで内臓脂肪ダイエットする場合の食材選び】朝食や外食はどうする?

筋トレ ダイエット 食材

 内臓脂肪を落とすために、筋トレでダイエットはかかせない運動療法になりますが、食事の際の食材選びにも内臓脂肪を減らすためのポイントになります。

食材にはそれぞれ優れた効果を得られるものがありますので、内臓脂肪対策に効果があるものを、積極的に選んでみてはいかがでしょうか。

内臓脂肪対策に最適といわれている食材

 脂肪消化:トマト

 低脂肪:まぐろの赤身、鶏肉ささみ、白身魚

 コレステロール抑制:胚芽米、プルーン・レバー

これらの食材を使った食事メニューを利用して、内臓脂肪を減らして行きましょう

内臓脂肪を減らす効果のある食材を上手に利用して、美味しい食事を作り、筋トレダイエットで基礎代謝を向上すれば、内臓脂肪は効率よく落とすことが可能です。

「【筋トレで内臓脂肪ダイエットする場合の食材選び】朝食や外食はどうする?」の続きを読む…

【筋トレで内臓脂肪ダイエットにおすすめの食事】牛乳と肉の種類や食べ方

筋トレ 牛乳 おすすめ

筋トレで内臓脂肪の蓄積を予防し改善するためには、内臓脂肪ダイエットなどの運動療法だけでなく、食事療法も必要になります。

しかし、カロリーを気にするあまり、牛乳を摂取するのを控えている人が多いようです。

でも、牛乳に含まれるカルシウムは、骨を作るのに大切な成分になりますし、牛乳の脂肪分は体によい事の方が多いです

なので、できるだけ摂取するようにしましょう。

 骨を丈夫にしてくれると、質の良い筋肉が作れますからで、筋トレダイエットにも牛乳は役立ってくれていると言えるのではないでしょうか。

 また、一日1杯の牛乳を飲んで、内臓脂肪の食事療法と運動療法をすると、骨や筋肉を落とすことなく、余計な体脂肪だけを落とす事が科学的にも証明されています。

もっとも、牛乳が体にいいからといって過剰に摂取すると、逆にカロリーの取りすぎとなり、逆効果になってしまいます。

そのため、適度に取り入れて筋トレダイエットを成功させましょう。

「【筋トレで内臓脂肪ダイエットにおすすめの食事】牛乳と肉の種類や食べ方」の続きを読む…

筋トレダイエットとカフェインやチョコレートで内臓脂肪を減らす効果とは?

内臓脂肪ダイエット

内臓脂肪の予防や改善として、筋トレダイエットはとっても有効ですが、その筋トレダイエットに役立つ効果を上げる成分として、カフェインがあります。

カフェインは、主にコーヒーや緑茶、チョコレートなどに含まれている成分です。

内臓脂肪などの余分な脂肪を分解するリバーゼという酵素の働きを促すとともに、活性化させる働きがカフェインにはあります

そこで、筋トレダイエットをする前にカフェインを飲むと、内臓脂肪などの脂肪燃焼効果が通常の約1.5倍に上がるという研究結果が出ています。

なので、運動前には、カフェインを飲むことを試してみて下さい。

 ちなみに、カフェインを効率よく摂取するには、コーヒーのカフェインの場合でしたら、砂糖を使用しない事がポイントです。

なぜなら、コーヒーに砂糖をいれると、砂糖の糖分が先にエネルギーとして変換されてしまうので、脂肪の燃焼効率が悪くなってしまうからです。

内臓脂肪 カフェイン

「筋トレダイエットとカフェインやチョコレートで内臓脂肪を減らす効果とは?」の続きを読む…