内臓脂肪を効率よく減らすための筋トレダイエットの秘訣と日記とは?

内臓脂肪ダイエット

 内臓脂肪の蓄積を防ぎ、改善するには、エネルギーを効率よく使える基礎代謝の向上が重要です。

また、過剰なカロリー摂取を控える事と、ストレスを溜めない環境が必要になります

ですので、内臓脂肪を撃退するには、運動療法と食事療法が基本になるのではないでしょうか。

筋トレダイエットなどの運動療法で、内臓蓄積を防ぎ脂肪をエネルギーに変えやすい基礎代謝が高い体に作り変えます。

食事療法で、過剰なカロリー摂取を防ぎ、内臓脂肪の蓄積予防や改善に役立つ栄養素を、体内に取り入れるようにしましょう。

 また、どちらかの療法を過剰に行うのではなく、食事も運動もバランスよく取り入れ実行するのが、効率のよい内臓脂肪の予防と改善の基本です。

筋トレダイエット

「内臓脂肪を効率よく減らすための筋トレダイエットの秘訣と日記とは?」の続きを読む…

【年末年始やお正月と筋トレ】食事療法と早食いとの関係とは?

年末年始 筋トレ

年末年始は忘年会や新年会などの飲み会などが続きます。

また、お正月などはご馳走が続く上に動く事も少ないですので、結果として内臓脂肪が溜まりやすい時期になってしまいます。

いくら筋トレダイエットを実行していたとしても、暴飲暴食をしていては、内臓脂肪は蓄積されるばかりです。

年末年始だし、国民的行事だし、会社の付き合いだから仕方ないと、言い訳ばかりを考えても仕方がありません。

 食生活のバランスと筋トレダイエットを休み無く実行する事が、内臓脂肪の蓄積を防ぐことが出来る、成功の鍵となります。

また、アルコールの大量摂取やカロリーの高い食事は、内臓脂肪が蓄積される原因の一つです

付き合いなどで、どうしても飲み会に出なくてはいけない場合は、前日の食事量を減らしたり、筋トレダイエット以外にも有酸素運動を取り入れるなどして、内臓脂肪蓄積対策をしましょう。

お正月 筋トレ

「【年末年始やお正月と筋トレ】食事療法と早食いとの関係とは?」の続きを読む…

シイタケや黒豆の食物繊維で内臓脂肪を効果的に撃退しましょう!

内臓脂肪

内臓脂肪を予防し改善するには、筋力トレーニングによる体力アップダイエットが有効な方法ですが、普段の食事にも気を使う必要があります。

そこで、出来るだけ普段の食事の中に、「食物繊維」が多く含まれている食品を取り入れるようにして、頑固な内臓脂肪を撃退しましょう。

食物繊維は、低カロリーな上に胃の中で水分を吸って体積が大きくなります。

そのため、満腹感が与えられ食べすぎ防止になり、内臓脂肪の蓄積を防ぐ事ができます。

また、食物繊維には貯蔵されているコレステロールを引っ張り出して使う働きや、便通をよくする働きがあります

なので、基礎代謝を向上することができ、太りにくい体質や内臓脂肪を溜めない体質作りにも役立ちます。

 食物繊維が多く含まれる食品としては、寒天や黒きくらげ、ひじきなど低カロリーのものもありますが、シイタケや黒豆などが効果的です。

内臓脂肪 食物繊維

「シイタケや黒豆の食物繊維で内臓脂肪を効果的に撃退しましょう!」の続きを読む…

【内臓脂肪を減らすためのコントレックスの飲み方】飲みにくい場合は?

コントレックス

コントレックスとは、フランスでは「ダイエットに効果的な水」と言われていて、マグネシウムやカルシウム、ミネラルを多く含んだ天然水のことを言います。

コントレックスに含まれているミネラルは、体内の新陳代謝を向上させるとともに、様々な老廃物を体の外に出してくれる効果が期待できます。

そのため、内臓脂肪も減らす事が出来ます

なお、内臓脂肪を効果的に減らすためには、筋トレダイエットと併用して食事制限を行っている人も多いかと思われます。

しかし、コントレックスには、食事制限の際に不足しがちになるミネラルやカルシウム、マグネシウムなどをカロリー0で補ってくれるのです。

必要な栄養を体内に取り込みながら、筋トレダイエットとコントレックスを上手に利用して、効果的に内臓脂肪を減らして行きましょう。

コントレックス 内臓脂肪

「【内臓脂肪を減らすためのコントレックスの飲み方】飲みにくい場合は?」の続きを読む…

【内臓脂肪と有酸素運動との関係】内臓脂肪を改善する方法とは?

内臓脂肪 筋トレダイエット

筋肉力を上げたり、筋肉を増やすためには、筋肉を刺激する筋トレダイエットを実行するのが基本になります。

しかし、それだけでは体はついていけません。

 筋肉ダイエットを効率よく、安全に行うには食事の面でも気をつけることが重要なんです。

筋肉を効率よく増やすためには、筋トレダイエットにあわせて筋肉の材料となる栄養素、たんぱく質を十分補給することが大切です。

そこで、筋トレダイエット中でも、鶏肉のささみや魚、卵や乳製品、豆類などの良質なたんぱく質を効果的に摂取するようにしましょう。

また、しっかりした骨があれば、そこに付着する筋肉の質も向上します

なので、骨を丈夫にするカルシウムなどが入った小魚や、緑黄色野菜なども積極的に食事の中に取り入れるようにすれば完璧です。

「【内臓脂肪と有酸素運動との関係】内臓脂肪を改善する方法とは?」の続きを読む…