皮下脂肪と内臓脂肪の違いや生活習慣病の危険性について

皮下脂肪と内臓脂肪の違いを一言で言うと、お腹の中の内臓と内臓の間などにびっしりと付くのが内臓脂肪です。

皮下脂肪と内臓脂肪

皮下脂肪は体の外から指でつまめますが、内臓脂肪は外から摘むことはできません。

また、皮下脂肪は体温を維持したり、エネルギーを貯蔵したりといった役割があるのですが、

内臓脂肪は余分なエネルギーを一時的に貯めておくという役割がある半面、糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病になるデメリットが大きいのです。

そんな生活習慣病の危険性のある内臓脂肪ですが、適切な運動や食生活を正しくコントロールすることで、健康を害する前に内臓脂肪を落とすことも可能なのです。

ちなみに、体重が重い人が肥満であり、内臓脂肪が多い人ではない事は先ほども説明しましたが、体型を見ただけではわからない「隠れ肥満」の人もいます。

このように、太っているとか、肥満であるとか言うのを判定する基準には、体の中の水分量や筋肉の量だけでは基準とはなりません。

なので、肥満かどうかを判定する基準は、体の中の脂肪の量だけなのです。

 

例えば、見た目はほっそりと痩せて見える人も、体の中の脂肪は少ないとは限りません。

逆に、見た目は大きくてプロレスラーのような体つきをしている人は筋肉の量が大きく、内臓脂肪はもの凄く少ないのです。

ですから、体脂肪率を測ってみれば、肥満であるかどうかの判定はすぐにわかります。

 

一般的に、人間の体の脂肪が占める割合(体脂肪率)は、約20%だと言われています。

なので、この体脂肪率が30%以上になると、生活習慣病の危険性が急激に高まるそうです。

よく定期健康診断などで体重を計ったら、標準体重だったから、肥満では無いと思い込んでいた人が、体脂肪率を測ってみたら40%近い数値だったということもあるので「隠れ肥満」には注意しましょう。

このように標準体重があることで、今まで本当は隠れ肥満だったという人も多いはずです。隠れ肥満は、見た目にはわからないので、自分が肥満であるかどうかの判断がつきません。

その結果、内臓脂肪は知らず知らずのうちにたまっていき、ある日急に生活習慣病を発症するというのか隠れ肥満の危険性なのです。

ここに1つのデーターとして、標準体重を基準とした場合、肥満の人とそうでない人を比較すると、糖尿病が5倍、高血圧症が4倍、心疾患で2倍になるという発病率のデーターがあります。

そして、内臓脂肪がついた隠れ肥満の人は、大腸ガンや乳ガンになる可能性も多いそうですよ。

ダイエットを行う上での理想的な減量と目標体重の設定

ダイエット 目標

雑誌とか広告などに色々なダイエットの記事が掲載されているのをよく目にしますよね。

でも、「1週間で5キロ痩せた」とか「たった1ヶ月で10キロ痩せた」などというダイエットの結果に疑問を持ったことはありませんか?

減量と目標体重

確かに、断食したり、リンゴやバナナなどの特定のものだけを食べ続けるダイエットや、ボクサーが試合前に減量で水分を一切取らず、体に無理なダイエットをする方法では、短期間に5キロくらいなら一気に体重を減らすことができるようです。

しかし、このようなダイエット方法では、内臓脂肪そのものを減らすことはできず、すぐにリバウンドしてしまいますし、体力的にも衰えてしまいます。

それでは、理想的な1ヶ月間の減量とはどのくらいだと思いますか?

私たち人間の一般的な体重に占める水分の割合は約55% 、筋肉量が約20% 、脂肪が約20%の割合だと言われています。

脂肪を1キロ燃焼させるのに必要なカロリーは約7,000キロだそうですが、ジョギングだったらフルマラソン(約42キロ)の距離を走る以上の運動量を続けないと消費できないカロリーが必要なのです。

このことを考えれば、体に溜まった脂肪を短時間で落とすことは到底無理な話なのです。

ですから、理想的な1カ月間の減量は、1キロから2キロくらいが理想的です。

これ以上の無理な減量では、体に必要な筋肉も一緒に落ちてしまいます。

それに、人間の体というのは良くできていて、空腹状態が続くと体の防衛本能が働き、食べた栄養分を出来る限り吸収し、脂肪にして蓄えようとして、

逆に体が太りやすい状態へと変わっていきます。

そして、このようにして蓄えられた脂肪は、ほとんどが内臓脂肪となります。

後はこの繰り返しで、無理なダイエットで痩せた体重はリバウンドで元に戻るか、前以上の体重になってしまいます。

  なので、筋肉量を落とさずにリバウンドもしないで内臓脂肪だけをダイエットしようと思ったら、1カ月間に1キロから2キロくらいを徐々に減らしていくのが理想的なダイエット方法なのです。

理想的な1カ月間の減量が分かったところで、次は、目標とする体重を決めましょう。

その1つの目安となるのが標準体重(BMI)です。

標準体重(BMI)は、現在の自分の体重÷(身長×身長)の値が22になるのが標準値です。

この22という標準値よりも低い場合は、内臓脂肪ダイエットをする必要はありません。

ここでは、標準値が22よりも高い人の目標体重の出し方を説明します。

目標体重は、身長×身長×22で計算します

例えば、身長が170センチの人は、1.7×1.7×22で、63.58キロが目標体重となります。

太る体質と遺伝の影響について

ダイエット 太る体質

内臓脂肪ダイエットをしようにも、太る体質だから痩せないと諦めていませんか?

でも、太る体質というものは医学的には何の根拠もないそうです。

なので、太る体質だから何をしても太るんだと思い込んでいる人も多いようですが、ただ単に食べ過ぎたり運動不足だったりして太っているのも太る体質が原因だと勝手に思い込んでいるにすぎないのです。

太る体質

太る体質だと思い込んでいる人の生活習慣を見てみると、朝食抜きで通勤や通学し、お昼になって早食いのドカ食いなどしていませんか?

その上、仕事の合間や休憩時間などに缶コーヒーやジュースなどを何本も飲み、夕食時にはカロリーの高い食べ物をお腹いっぱい食べて、運動はほとんどしない・・・

そんな生活習慣では消費カロリーよりも摂取カロリーの方が大きく上回ってしまいますので、内臓脂肪が付くのは当然といえるでしょう。

  人によっては同じような生活習慣をしてても全く太らない人もいます。

しかし、実際は同じような生活習慣だと見えても、食べるものがカロリーの低いものだったり、何気に体を動かしていたりして、消費カロリーの方が多いために太らないのです。

太っている人は、なぜ自分が太っているのか、その原因に全く気付いていない人が多く、太る体質のせいにしてしまっています。

太りやすい体質というのはあっても、太る体質というのは無いのです。

ですから、しっかりと内臓脂肪ダイエットすれば、あなたも必ず痩せれます。

ちなみに、太るのが遺伝だと言う人がいますが、これもはっきりとした根拠はありません。

肥満遺伝子というものがあることにはありますが、実際に遺伝が原因で太っている人は3割にも満たないそうです。

という事は、残りの7割の人は遺伝が原因で太っているのではなく、普段の食生活や運動不足などの生活習慣が原因だと考えられます。

一方で、肥満遺伝子の影響で太る確率は、父親が肥満の場合が4割で、母親が肥満だと6割に跳ね上がるというデータもあります。

しかし、本当のところは、父親よりも母親の方が食習慣に関して影響力が大きいためだと考えられています。

ですから、たとえ肥満遺伝子を持っていたとしても、普段の食生活に気を付け、適度な運動をして摂取カロリーよりも消費カロリーの方が上回るような生活習慣をしていれば太ることはないのです。

太る体質や意見で太っているということを言い訳にしないで、あなたも今日から生活習慣を見直し、内臓脂肪ダイエットを始めてみましょう。

生活習慣病と内臓脂肪型肥満との関わりについて

体脂肪 生活習慣病

体脂肪率が多いことから引き起こされる生活習慣病には、高血圧症や糖尿病、高脂血症、脳卒中、心臓病、脂肪肝、ガン、関節障害などがあります。

その中でも、日本人の死亡率が高い生活習慣病は、ガン、心臓病、脳卒中の順となっています。

ちなみに、3大生活習慣病による死亡率が高い都道府県ランキングのベスト3では、以下のような結果が出ています。

①ガン:1位が大阪府、2位が福岡県、3位が長崎県。
②心臓病:1位が青森県、2位が和歌山県、3位が大阪府。
③脳卒中:1位が宮城県、2位が栃木県、3位が青森県。

生活習慣病というのは、中高年以上の人がかかる割合が圧倒的に多く、また、高齢化が進んでいる地域ほど死亡率も高くなる傾向にあるようです。

生活習慣病

そんな生活習慣病は、普段からの食べ過ぎとか飲み過ぎ、睡眠不足、運動不足、ストレスなどの悪い生活習慣が長い間続くと発症する病気のことで、昔はよく成人病という風に呼ばれていました。

成人病という名前から、ある程度の年齢になったら自然と誰でもなる病気のイメージがありました。

しかし、その後の研究から、普段の悪い生活習慣を良い生活習慣に変えれば、予防や、改善したりできる病気であることが認識されるようになり、名前も成人病から生活習慣病へと変わりました。

内臓脂肪型の肥満も普段の食生活や運動不足などと言った悪い生活習慣が続くとなることから、生活習慣病と内臓脂肪型の肥満は深い関わりがあると言えるでしょう。

 

また、生活習慣病と内臓脂肪型の肥満の共通点は、危険な状態になるまで自覚症状がほとんどないことです。

なので、自覚症状があらわれた時は命に関わるような危険な状態になっていることも珍しくありません。

このように、生活習慣病と内蔵型脂肪とは密接な関わりがあることから、日ごろから生活習慣病にならない習慣づけをする必要があります。

ここで、生活習慣病にならない7つの健康習慣をご紹介しましょう。

生活習慣病 ダイエット1 、十分な睡眠をとる。
2 、タバコは吸わない。
3 、適切な体重を維持する。
4 、過度な飲酒はしない。
5 、適度な運動をする。
6 、朝食は毎日食べる。
7 、間食はしない。

 

このような7つの健康習慣を毎日続けていれば、生活習慣病になることもなく、内臓脂肪が蓄積することもありません。

したがって、生活習慣病にならない生活習慣を普段からしっかり心がけていれば、内臓脂肪型の肥満も予防できるのです。

なので、自分は標準体重だから大丈夫だと安心していると、知らず知らずのうちに内臓脂肪型の肥満になっていた!

なんてことにならないように、普段の生活習慣をもう一度見直して、まずはスムージーなどの短時間で簡単にダイエットできることから始めてみましょう。