お洒落だった僕がいつの間にか太ってダイエットした成功談

筋トレダイエット

今回は僕がダイエットをしたきっかけ、メニューなどの体験談を書いていこうと思います。

まずダイエットを始めたきっかけですが、僕は学生時代は運動部に所属していた為代謝も良かったのか痩せていましたし太った事はありませんでした。

ただ社会に出ると、どうしても運動不足になりがちなことや、夜勤だったので不規則な生活習慣が続いていました。

そして久々に会った友達に「あれ?太ったよね?」と言われた事でした。

僕は服を買ったり髪を染めたり、元々お洒落が大好きだったし、正直その時太ったと言う自覚がなかったので、言われた時はなかなかショックでした。

ですが、実際体重計に乗ったり過去の写真と現在のそれを比較して、僕自身「あぁ、太ったな」と自覚し、ダイエットをすることを決意しました。

「お洒落だった僕がいつの間にか太ってダイエットした成功談」の続きを読む…

私の体重が90キロから75キロになった方法とは!?

男性のダイエット方法

半年前まで体重が90kgありました40代です。

もともと(20代)は筋肉質で、割と痩せ型~ガッチリ体形と言った感じでした。

ですが、仕事のストレスから暴飲暴食が始まり、70kg程だった体重は30歳を越える頃には80kgの後半に差し掛かりました。

その間もちろん、運動らしい運動は一切していません。

元々お酒が好きな事もあり、毎晩缶ビール500mlを4,5本空け、その後は缶酎ハイなどを2,3本、コンビニの弁当やお惣菜などと一緒に摂取しておりました。

はい、ほぼ毎日で、独身でした。

さて、そんな私に転機が訪れ、会社を辞め主夫になる時がやってきたのです。

そうです、こんな私を救ってくれたのが今の奥さんなんです。

医療関係従事者の彼女が、色々サポートしてくれました。

では、そんな体形から頭まで一回り以上も肥大化してしまい、血圧も上が200を超えるほどの異常値を測定されました。

そこで私は、内科医の助言にも従い、運動してダイエットするしかないと決心しました。

「私の体重が90キロから75キロになった方法とは!?」の続きを読む…

筋トレの内臓脂肪ダイエットは休息も大切!有酸素運動と街中ジムを活用しよう!

ダイエット 筋トレ 休息

筋トレで体力アップを行いながら内臓脂肪ダイエットを行うには、休息を取ることも大切な事になります

 なぜなら、体力アップをさせるために筋肉をつけるのですが、筋肉というものは、休息をとらなければ筋肉の発達の効率が落ちてしまうからなんです。

筋トレで内臓脂肪ダイエットなどのトレーニングを行うと、筋肉に傷がつきます。

その傷は時間を置くと自然と治るのですが、治る時に筋肉はさらに太くなって治るという性質があるのです。

これが、筋肉に力がつくという 超回復 なのです。

しかし、治るべき時期に休息をしないと筋肉が傷つくだけで、超回復しにくくなってしまいます。

そのため、筋肉トレーニングで筋肉を鍛えた後は、休息日を入れることが大切なのです

筋トレで内臓脂肪ダイエット行いながら体力アップを図るときは、必ず休息日を作り、筋肉を効率よくつけるようにしましょう。

「筋トレの内臓脂肪ダイエットは休息も大切!有酸素運動と街中ジムを活用しよう!」の続きを読む…

筋トレダイエットの有酸素運動の時間はどれくらい?通勤時間やる方法は?

筋トレ 時間ない

忙しい現代社会を生きる人々にとって、内臓脂肪の改善に筋トレなどの運動療法が効果があることは分かっている方も多いと思います。

しかし、なかなか運動をする時間が取れない人が多いのではないでしょうか。

なので、空いている時間を有効活用して筋トレの運動療法で内臓脂肪ダイエットを行いましょう。

室内用自転車や、ルームランナーを使用すれば、テレビを見ている時間も内臓脂肪を減らす運動療法を行う事ができます

テレビを見ているだけではカロリーは殆ど消費されません。

 でも、テレビを見ながら室内自転車を1時間筋肉トレーニングとして使用すると、約300キロカロリーも消費することが出来るのです。

このように、限りある時間を有効に活用して、日常生活に筋トレで内臓脂肪を撃退のためのダイエットを取り入れてみてはいかがでしょうか。

「筋トレダイエットの有酸素運動の時間はどれくらい?通勤時間やる方法は?」の続きを読む…

内臓脂肪ダイエットするには、食事の回数や主食、腹八分目が大切です!

内臓脂肪 ダイエット 筋トレ

筋トレで内臓脂肪を減らすためのダイエットと併用して、食事にも気を使い、内臓脂肪の改善効率を上げましょう。

内臓脂肪を蓄積しにくくする方法には、食事の回数を多くとるという方法があります。

 この内臓脂肪ダイエットの食事療法は、一日の食事回数を3回ではなく、5回や6回に分ける代わりに、1回の摂取する量やカロリーを調整するという方法です。

1回に食べる量を減らし、食事回数を増やすという食事療法をすると、痩せやすい体となり、内臓脂肪を効率的に減らす事が出きます。

それと、食事と食事との間は、2時間ぐらいを目安にするのがいいです

ただし、筋トレで内臓脂肪ダイエットを行う場合は、空腹時の方が効率があがりますので、その点も考慮に入れるようにして下さい。

体が慣れない場合は、無理をせずに体調管理を心がけて行うようにしましょう。

「内臓脂肪ダイエットするには、食事の回数や主食、腹八分目が大切です!」の続きを読む…