筋トレダイエットで前腕や肩、脇腹の筋肉を鍛える方法とは?

前腕 筋肉 鍛え方

筋トレによる内臓脂肪ダイエットは、体力アップをしならがら、腕の前側の筋肉を強化することができます。

この部分を鍛えると、夏の薄着の際でも、引き締まったスリムな腕を披露することができます。

筋トレで腕の前側の体力アップをさせるには、ダンベルを使用するのが最適です。

前腕の筋肉を鍛える方法

 まず、背筋を真っすぐにして胸を張り、片手にダンベルを持ちます。

この場合のダンベルのグリップは、手のひらが天井を向く形で握るようにしましょう

 ダンベルを持っていない反対の手は開いたまま、ダンベルを持っている手の肘の下に当てて支えるようにします。

 次に、ダンベルを持っている肘の位置を固定したまま、ダンベルを上にゆっくり引き上げます。

 この時、ダンベルを上げきったところで、一旦停止してから、ゆっくり下ろすのがポイントです。

この筋トレを、左右とも10回~20回を1セットにして、1日2~3セットを目標に行うと、前腕の体力アップと脂肪の引き締め効果があります

「筋トレダイエットで前腕や肩、脇腹の筋肉を鍛える方法とは?」の続きを読む…

筋トレによる内臓脂肪ダイエットの正しいスクワットのやり方とは?

筋トレ ダイエット 筋肉痛

筋トレは、内臓脂肪を減らすためのダイエットとして欠かせません

しかし、運動する習慣が今まであまり無かった人が急に運動をすると、筋肉痛になってしまう事が多いのではないでしょうか。

 筋トレによる内臓脂肪ダイエットの運動療法において、筋肉痛にならないようにするには、運動する前に柔軟体操を取り入れることで筋肉痛が軽減されます。

なので、運動をする習慣が無い人は、柔軟体操も取り入れるようにしましょう。

筋トレで、普段使わない筋肉を動かす内臓脂肪ダイエットを行うと、誰でも筋肉痛になります。

しかし、筋肉痛になるということは、体が筋肉を再結成しているサインですので、良い運動をしたという証拠にもなります。

 もっとも、筋肉痛で日常生活に支障がでるような場合には、筋トレによる内臓脂肪ダイエットをした後に、筋肉のマッサージを行うと、多少は回復が早まります。

なので、筋肉マッサージを行い、明日の筋力トレーニングに備えるようにしましょう。

「筋トレによる内臓脂肪ダイエットの正しいスクワットのやり方とは?」の続きを読む…

内臓脂肪を効率よく減らすための筋トレダイエットの秘訣と日記とは?

内臓脂肪ダイエット

 内臓脂肪の蓄積を防ぎ、改善するには、エネルギーを効率よく使える基礎代謝の向上が重要です。

また、過剰なカロリー摂取を控える事と、ストレスを溜めない環境が必要になります

ですので、内臓脂肪を撃退するには、運動療法と食事療法が基本になるのではないでしょうか。

筋トレダイエットなどの運動療法で、内臓蓄積を防ぎ脂肪をエネルギーに変えやすい基礎代謝が高い体に作り変えます。

食事療法で、過剰なカロリー摂取を防ぎ、内臓脂肪の蓄積予防や改善に役立つ栄養素を、体内に取り入れるようにしましょう。

 また、どちらかの療法を過剰に行うのではなく、食事も運動もバランスよく取り入れ実行するのが、効率のよい内臓脂肪の予防と改善の基本です。

筋トレダイエット

「内臓脂肪を効率よく減らすための筋トレダイエットの秘訣と日記とは?」の続きを読む…

【内臓脂肪と有酸素運動との関係】内臓脂肪を改善する方法とは?

内臓脂肪 筋トレダイエット

筋肉力を上げたり、筋肉を増やすためには、筋肉を刺激する筋トレダイエットを実行するのが基本になります。

しかし、それだけでは体はついていけません。

 筋肉ダイエットを効率よく、安全に行うには食事の面でも気をつけることが重要なんです。

筋肉を効率よく増やすためには、筋トレダイエットにあわせて筋肉の材料となる栄養素、たんぱく質を十分補給することが大切です。

そこで、筋トレダイエット中でも、鶏肉のささみや魚、卵や乳製品、豆類などの良質なたんぱく質を効果的に摂取するようにしましょう。

また、しっかりした骨があれば、そこに付着する筋肉の質も向上します

なので、骨を丈夫にするカルシウムなどが入った小魚や、緑黄色野菜なども積極的に食事の中に取り入れるようにすれば完璧です。

「【内臓脂肪と有酸素運動との関係】内臓脂肪を改善する方法とは?」の続きを読む…

【お腹の筋肉を鍛える筋トレダイエットメニュー】クランチ運動のポイント

お腹 筋トレ メニュー

筋トレダイエットで筋肉の量を増やし、内臓脂肪を燃焼させるのが、内臓脂肪を撃退する最も適切な運動療法になります。

ちなみに筋肉には、「赤色筋肉」と「白色筋肉」の二つ種類がありますが、どっちの筋肉を強化するのが内臓脂肪を効率よく燃やすことができるのかご存じですか?

白色筋肉というのは、糖質をエネルギーとして瞬発的に力を発揮する筋肉です。

一方の赤色筋肉は、脂肪をエネルギーとして長期的に動かす筋肉となります。

この事から、脂肪をエネルギーとして動く赤色筋肉を強化するのが、内臓脂肪を燃やすには最も効率がいいと言えます。

そこで今回は、お腹の筋肉を筋トレダイエットのメニューとして、クランチ運動のソフト編とハード編のポイントをご紹介します。

「【お腹の筋肉を鍛える筋トレダイエットメニュー】クランチ運動のポイント」の続きを読む…