筋トレダイエットで前腕や肩、脇腹の筋肉を鍛える方法とは?

前腕 筋肉 鍛え方

筋トレによる内臓脂肪ダイエットは、体力アップをしならがら、腕の前側の筋肉を強化することができます。

この部分を鍛えると、夏の薄着の際でも、引き締まったスリムな腕を披露することができます。

筋トレで腕の前側の体力アップをさせるには、ダンベルを使用するのが最適です。

前腕の筋肉を鍛える方法

 まず、背筋を真っすぐにして胸を張り、片手にダンベルを持ちます。

この場合のダンベルのグリップは、手のひらが天井を向く形で握るようにしましょう

 ダンベルを持っていない反対の手は開いたまま、ダンベルを持っている手の肘の下に当てて支えるようにします。

 次に、ダンベルを持っている肘の位置を固定したまま、ダンベルを上にゆっくり引き上げます。

 この時、ダンベルを上げきったところで、一旦停止してから、ゆっくり下ろすのがポイントです。

この筋トレを、左右とも10回~20回を1セットにして、1日2~3セットを目標に行うと、前腕の体力アップと脂肪の引き締め効果があります

「筋トレダイエットで前腕や肩、脇腹の筋肉を鍛える方法とは?」の続きを読む…

筋トレによる内臓脂肪ダイエットの正しいスクワットのやり方とは?

筋トレ ダイエット 筋肉痛

筋トレは、内臓脂肪を減らすためのダイエットとして欠かせません

しかし、運動する習慣が今まであまり無かった人が急に運動をすると、筋肉痛になってしまう事が多いのではないでしょうか。

 筋トレによる内臓脂肪ダイエットの運動療法において、筋肉痛にならないようにするには、運動する前に柔軟体操を取り入れることで筋肉痛が軽減されます。

なので、運動をする習慣が無い人は、柔軟体操も取り入れるようにしましょう。

筋トレで、普段使わない筋肉を動かす内臓脂肪ダイエットを行うと、誰でも筋肉痛になります。

しかし、筋肉痛になるということは、体が筋肉を再結成しているサインですので、良い運動をしたという証拠にもなります。

 もっとも、筋肉痛で日常生活に支障がでるような場合には、筋トレによる内臓脂肪ダイエットをした後に、筋肉のマッサージを行うと、多少は回復が早まります。

なので、筋肉マッサージを行い、明日の筋力トレーニングに備えるようにしましょう。

「筋トレによる内臓脂肪ダイエットの正しいスクワットのやり方とは?」の続きを読む…

筋トレの内臓脂肪ダイエットは休息も大切!有酸素運動と街中ジムを活用しよう!

ダイエット 筋トレ 休息

筋トレで体力アップを行いながら内臓脂肪ダイエットを行うには、休息を取ることも大切な事になります

 なぜなら、体力アップをさせるために筋肉をつけるのですが、筋肉というものは、休息をとらなければ筋肉の発達の効率が落ちてしまうからなんです。

筋トレで内臓脂肪ダイエットなどのトレーニングを行うと、筋肉に傷がつきます。

その傷は時間を置くと自然と治るのですが、治る時に筋肉はさらに太くなって治るという性質があるのです。

これが、筋肉に力がつくという 超回復 なのです。

しかし、治るべき時期に休息をしないと筋肉が傷つくだけで、超回復しにくくなってしまいます。

そのため、筋肉トレーニングで筋肉を鍛えた後は、休息日を入れることが大切なのです

筋トレで内臓脂肪ダイエット行いながら体力アップを図るときは、必ず休息日を作り、筋肉を効率よくつけるようにしましょう。

「筋トレの内臓脂肪ダイエットは休息も大切!有酸素運動と街中ジムを活用しよう!」の続きを読む…

筋トレダイエットの有酸素運動の時間はどれくらい?通勤時間やる方法は?

筋トレ 時間ない

忙しい現代社会を生きる人々にとって、内臓脂肪の改善に筋トレなどの運動療法が効果があることは分かっている方も多いと思います。

しかし、なかなか運動をする時間が取れない人が多いのではないでしょうか。

なので、空いている時間を有効活用して筋トレの運動療法で内臓脂肪ダイエットを行いましょう。

室内用自転車や、ルームランナーを使用すれば、テレビを見ている時間も内臓脂肪を減らす運動療法を行う事ができます

テレビを見ているだけではカロリーは殆ど消費されません。

 でも、テレビを見ながら室内自転車を1時間筋肉トレーニングとして使用すると、約300キロカロリーも消費することが出来るのです。

このように、限りある時間を有効に活用して、日常生活に筋トレで内臓脂肪を撃退のためのダイエットを取り入れてみてはいかがでしょうか。

「筋トレダイエットの有酸素運動の時間はどれくらい?通勤時間やる方法は?」の続きを読む…

内臓脂肪ダイエットするには、食事の回数や主食、腹八分目が大切です!

内臓脂肪 ダイエット 筋トレ

筋トレで内臓脂肪を減らすためのダイエットと併用して、食事にも気を使い、内臓脂肪の改善効率を上げましょう。

内臓脂肪を蓄積しにくくする方法には、食事の回数を多くとるという方法があります。

 この内臓脂肪ダイエットの食事療法は、一日の食事回数を3回ではなく、5回や6回に分ける代わりに、1回の摂取する量やカロリーを調整するという方法です。

1回に食べる量を減らし、食事回数を増やすという食事療法をすると、痩せやすい体となり、内臓脂肪を効率的に減らす事が出きます。

それと、食事と食事との間は、2時間ぐらいを目安にするのがいいです

ただし、筋トレで内臓脂肪ダイエットを行う場合は、空腹時の方が効率があがりますので、その点も考慮に入れるようにして下さい。

体が慣れない場合は、無理をせずに体調管理を心がけて行うようにしましょう。

「内臓脂肪ダイエットするには、食事の回数や主食、腹八分目が大切です!」の続きを読む…