糖質制限ダイエットで痩せる仕組みとやり方のポイントは?リバウンドしない理由は?

 

近年注目を集めている糖質制限ダイエット、方法はシンプルで糖質摂取量を抑える手法です。

糖分摂取量を1日トータルで、70~130gにするやり方が推奨されています。

糖質の摂取量を限りなくゼロにするやり方もありますが、過激な方法のため挫折する方が多いです。

メニューについて、基本のやり方はご飯など主食とスイーツをカットすることです。

その一方で、肉や魚などを使ったメニューが推奨されます。

小腹のすいた際の間食のメニューでおすすめはナッツ類です。

なお、糖質制限ダイエットの効果は体重が落ちるだけでなく、体脂肪減少効果が高く期待できます。また脂肪を筋肉に変える効果があります。

ダイエットで心配なのはリバウンドですが、糖質制限ダイエットはリバウンドがほとんどないのです。

なぜなら、筋肉を落とさないため、代謝の落ちないことがリバウンド予防につながるからです。

Sponsored Link

糖質制限ダイエットで痩せる効果が出る仕組みとは?

 

糖質制限ダイエットの糖分をなるべく摂取しないやり方で、痩せる効果の出る理由は2つあります。

 

まず、糖の摂取が少なくなると、体内の中性脂肪がエネルギー源に活用されます。

その結果、体脂肪が減少し、ダイエット効果が期待できるわけです。

 

 

もう一つ、インスリンの分泌が減少する効果も表れるからです。

インスリンの働きは、糖分の摂取により上昇した血糖値を下げることです。

そして、血液中の糖分を脂肪細胞に取り込みます。

これがインスリンの抑制効果により、脂肪細胞に糖が取り込まれにくくなり、結果的にダイエット効果が期待できるわけです。

 

Sponsored Link

メニューをどうするかが糖質制限ダイエットのやり方のポイント

 

糖質制限ダイエットはいかに糖分を取り込まないようにするか、血糖値を上げないようにするかが基本のやり方です。

そこで大事なのはメニューです。

まずメニューを考えるにあたって、控えるべき食材があります。

それはお米やパン類、麺類のような炭水化物です。そのほかにはいわゆるスイーツやジュースなどもおすすめできません。

なぜなら、いずれも糖分を多く含むからです。

そのほかには意外なところで、ニンジンやトウモロコシなどの根菜類も血糖値を上昇させるため、控えたほうがいいです。

 

糖質制限ダイエットでリバウンドしない理由とは?

 

糖質制限ダイエットの場合、リバウンドのリスクは低いといわれます。

なぜなら、糖質制限のダイエット法は、体脂肪を落とすアプローチだからです。

 

体脂肪が少なくなると、相対的に筋肉量は増えますが、筋肉は体の中で最もエネルギーを使う箇所とされます。

このため、痩せやすく太りやすい体質になってリバウンドしにくくなるといわれています。

 

なお、ダイエットといわれると、カロリー計算をしなければならないと思っている人もいるでしょう。

しかし、糖質制限ダイエットは糖質の摂取量を抑えるだけです。

カロリーについては考える必要はないため、量の制限はあまり気にする必要はないです。

そのため続けやすく、効果を実感できている人も多いのでしょう。

 

ポイント!

しかし、いくらリバウンドしないからといって、元通りの食生活に戻るのは良くないと思います。

希望する体型が手に入っても、それをキープするためにはその後の食生活にも注意すべきです。

 

Sponsored Link

人気の投稿ページ

最近の投稿

この記事もよく読まれています。

カテゴリー

コメントを残す