断食ダイエットのやり方(準備期、断食期、回復期)と効果と運動について

最近話題になっている断食ダイエットのやり方について誤解している人も多いです。

文字通り単純に食べない「断食」するやり方と思っていませんか?

断食ダイエットは水分や栄養分を摂取するため、固形物でなければ摂取は認められています。

断食ダイエットのやり方は準備期・断食期・回復期に分けられます。

 

準備期は胃腸に負担のかからない食事を心がけ、断食するための準備を体に促します。

断食期では固形物の摂取を控えるようにします。

回復期ではいきなり重たいものを食べると胃腸に負担がかかりますから、胃に優しいものから食べるようにして、徐々に通常の食事に戻していきます。

間違った方法で実践すると、かえって健康を損ねる可能性がありますから注意しましょう。

Sponsored Link

断食ダイエットの準備期のやり方

 

ポイント!

断食ダイエットの最初は準備期で、断食を実際に行う1~3日前から始めます。

準備期にはできるだけ胃腸に負担のかからない食事を心がけます。

和食が脂質や糖質も少なくおすすめです。

量にも注意してください。腹7~8分目に抑えておきましょう。

前日の夕食は胃に優しいもの、具体的にはスープやおかゆなどを食べるといいです。

 

断食ダイエットの断食期のやり方

 

ポイント!

断食期については1日、せいぜい実践しても2日を上限にしましょう。

いきなり最初から2日とするのはお勧めできません。

断食ダイエットの断食期では、固形物は基本一切摂取しません。

ただし、水分を摂取しないと危険ですからこまめに飲むように心がけましょう。

 

また酵素ドリンクを活用するのもおすすめです。野菜や果物に含まれている酵素を含んだ飲み物のことで、必要な栄養分を確保できます。

 

断食ダイエットの回復期のやり方

 

ポイント!

断食が終われば、食事をとっても構いません。

しかし回復期といって、いきなり元通りの食事をすると胃腸に大きな負担がかかり体調を崩しかねません。

断食の終わった直後の回復期は、スープやおかゆなど胃腸に優しいものを食することです。

そして徐々にボリュームのある食事に変えていって、元に戻していくことです。

2~3日くらい時間をかけて元に戻すといいでしょう。

 

断食ダイエットを実践することで、おなかがへこむことが多いといいますが、ウエスト周りは脂肪がつきやすいため、逆に落ちた場合も顕著だからだと思います。

断食ダイエットのやり方で、一切食べ物飲み物を体に取り込まないと思っている人は多いです。

しかしこれは断食ではなく絶食です。

 

無理なダイエットをすると、体調不良を引き起こしかねません。正しいやり方をマスターしてから実践しましょう。

Sponsored Link

断食ダイエットの効果と運動について

 

断食ダイエットの効果は、どれくらいの期間断食を実施するかによって変わります。

1日1食だけというプチ断食もあれば、2日間連続の断食ダイエットもあります。

しかし一般的な1日断食の場合、2~3㎏体重の落ちる方も見られますが、ただ単に体重が落ちるだけでなく、さまざまな効果も期待できます。

例えば脂肪の燃焼が行われたり、デトックス効果だったりがあげられます。

その結果、リバウンドしにくい痩せやすい体質を獲得できるかもしれません。

断食ダイエットを行うにあたって、運動も取り入れる方法はおすすめです。

有酸素運動など負荷の低めのものを取り入れると、短期間でも体重がより減る可能性があります。

 

しかし運動をするのなら、エネルギー補給に注意しましょう。

水分補給をこまめに行う、サプリメントで必要な栄養分を補給するなどの対策が必要です。

 

断食ダイエットの様々な効果

 

断食ダイエットを行うことで、体にいろいろな効果をもたらします。

まずはダイエット効果で、先ほど紹介したように2~3㎏単位で痩せる人も見られます。

また定期的に断食ダイエットをするとより効果的です。断食を行うたびに代謝機能が高まり、リバウンドしにくい体になるからです。

また便秘に悩んでいる人はいませんか?この問題も断食ダイエットで解消するかもしれません。

便秘の理由として肉中心の食生活など、消化器への大きな負担が関係しています。断食は消化器系を休ませることができます。

その結果、大腸の働きが回復し、宿便も体外に排出されやすくなります。

 

断食ダイエットで運動する際の注意点

 

断食ダイエットと運動を組み合わせることで、より大きなダイエット効果が期待できます。

しかし間違った方法で行うと、体を危険にさらしかねません。

断食中食事をしないことで、エネルギーが不足していますから、空腹の状態で血糖値も下がっている状況で過激な運動をするのは危険です。

 

 

運動をすれば汗をかき、体内の水分が奪われます。そこでこまめな水分補給をすることです。

断食ダイエットオンリーであれば、カロリーのない水がいいです。

しかし運動をするのなら、お茶など栄養分の含まれるものを飲んだ方がいいです。

またアミノ酸など体を作るのに必要な栄養分をサプリで摂取するのもおすすめです。

断食ダイエットだけでも効果は十分期待できますが、運動も組み合わせると相乗効果が出てきます。

しかし何も食べずに運動をするのは危険です。通販サイトで取り扱いのあるお茶の中にはアミノ酸やミネラルなどを多く含んだものもあります。

このような栄養価の高いお茶を摂取しながら、無理のない範囲で運動するといいと思います。

Sponsored Link

人気の投稿ページ

最近の投稿

この記事もよく読まれています。

カテゴリー

コメントを残す