筋トレダイエットの方法と頻度は?効果はどのくらいの期間が必要?

筋トレでダイエットしようと思っている人はいませんか?

今では筋トレダイエットに関して、特集している雑誌やサイトもたくさんありますよね。

筋トレダイエットで高い効果を得るためには、大きな筋肉から鍛える方法がおすすめです。

なぜなら大きな筋肉を鍛えれば、それだけ大きなエネルギーを消費するからです。

 

大きな筋肉から鍛える方法で血流がアップし、筋肉には血液を流すポンプのような役割を担っています。

血流がアップすると体温が上がりますから、同じトレーニングをしても、より体脂肪が燃えやすくなります。

ただし、筋トレダイエットの方法は頻度も重要で、毎日トレーニングすればより効果が出るという話ではありません。

頻度は大体週2回程度で十分ですが、多くても週3回の頻度を上限とすべきです。

Sponsored Link

筋トレダイエットで大きな筋肉を鍛える方法とは?

 

筋トレダイエットの方法で大きな筋肉を鍛えるのはおすすめです。

そのためには大胸筋と大腿四頭筋のトレーニングから始める方法が適しています。

 

大胸筋のトレーニング方法は、簡単に言えば腕立て伏せです。

腕立て伏せができなければ、膝をついた状態から始めるといいです。

大腿四頭筋のトレーニング方法でおすすめなのは、スクワットです。

足を肩幅と同じか少し開いた感じで、お尻を後ろに突き出した状態で体を沈めます。

 

いずれも4秒かけて沈み、2秒で元に戻します。

正しい方法をマスターしていないと、腰を痛める恐れがあります。

 

筋トレダイエットの頻度が週2~3回の理由とは?

 

筋トレダイエットは週2~3回の頻度を上限として、毎日は行わないほうがいいです。

 

その理由に筋肉の仕組みがあり、筋トレは筋繊維を損傷させる行為だからです。

損傷した筋繊維は、より太くすることで回復しますが、これを超回復といいます。

超回復させるためには、休息が必要です。

超回復期に筋トレをしてしまうと、逆に回復が図れずに弱ってしまいかねません。

休息をとりながら超回復を促すためには、週2~3回の頻度がちょうどいいと言われています。

 

筋トレダイエットは、このようにきちんとしたポイントを押さえて実践しないと、せっかくの効果も半減してしまいます。

また、筋トレの頻度を増やしすぎないことも大事です。

もしも毎日行わないと不安であれば、部位でいくつかに分けてみるといいと思います。

今日は腕、明日は脚、その次は腹筋と背筋といったように分ければ、毎日行っても部位を変えているので超回復を図れます。

 

このように筋トレダイエットの基本を押さえて、効果的に体を引き締めていきましょう。

Sponsored Link

筋トレダイエットの効果はどのくらいの期間が必要?

 

筋トレダイエットの効果は基本的に、筋肥大と徐脂肪の2つです。

筋肥大とは筋肉が大きくなる効果のことで、徐脂肪とは体脂肪が減る効果があります。

つまり、筋トレダイエットを続けることによって、筋肉が増え無駄な贅肉がなくなり、引き締まった、筋の浮き出たボディを手に入れられます。

 

筋トレダイエットによる体形の変化は、すぐには実感できません。ある程度の期間が必要です。

どの程度の頻度で行うのか、もともとの体質によって違いがあります。

しかし、2~3か月の期間で徐々に変化するケースが多いようです。

1か月程度の期間では見た目、全く変化のない場合も珍しくないので、ここであきらめずに続けられるかどうかがポイントです。

 

筋トレダイエットによって筋肉が増え体脂肪が減る

 

筋トレダイエットの効果は筋肉量が増え、体脂肪率の減ることにつきます。

トレーニングをすることで、負荷に耐えうるために超回復という筋肉を太くする効果が表れ、これによって筋肉量が増します。

基礎代謝という言葉を聞いたことはありますか?何もしていなくても消費されるエネルギーのことです。

この基礎代謝、筋肉量が増えれば消費するエネルギー量も増えますが、筋トレダイエットをすることで、脂肪の燃焼しやすい体を獲得できるわけです。

体脂肪が燃焼しやすくなって、ダイエット効果が期待できます。

 

しかも、基礎代謝だけでもエネルギーがかなり消費されますから、脂肪が蓄積しにくい体質にも変身できるわけです。

 

筋トレダイエットの効果が表れるまでに期間がかかる理由とは?

 

筋トレダイエットによる効果を実感できるようになるのは、2~3か月の期間が必要です。

これだけの期間が必要なのは、まず神経適応に2週間から1か月かかるためです。

神経適応とはトレーニングに対応する作業のことです。

 

筋トレの場合、筋肉を大きくしてトレーニングの負荷に耐えられる体作りを始めることになります。

それまで筋肉は眠っていますから、それをたたき起こしてフル稼働させるためには、これだけの期間が必要です。

神経適応が起こり筋肉が大きくなることで、体脂肪の燃焼効率がアップします。

そのため、筋トレダイエットによって贅肉がそがれ、引き締まった体に変身するためには2~3か月の期間が必要になるわけです。

筋トレダイエットの効果は一定期間続けていれば、ほとんどの人が実感できますが、失敗しているのは、効果が現れる前にギブアップしているからと思われます。

たとえ見た目の変化がなくても、変身する土台は着実に作られています。

 

2~3か月はどんなことがあってもトレーニングを続ける、このような覚悟が求められます。

Sponsored Link

人気の投稿ページ

最近の投稿

この記事もよく読まれています。

カテゴリー

コメントを残す