私のバーンマシン・スピードバッグの使い方と筋トレの方法

 

私は普段から筋トレをしているのですが、もっと筋肉に負荷をかけていきたいと思っていました。

そんな時にインターネットで筋トレグッズを探していたのですが、そこでバーンマシンのスピードバッグというものを見つけました。

気になったので調べてみたら、EXILEのメンバーや山本KID徳郁さんがこのバーンマシンを使って筋トレをしていることを知り、すぐに購入しました。

バーンマシンのスピードバッグには、いくつかの重量のものがあるのですが、私の場合は5.5kgの重さのものにしてみました。

Sponsored Link

バーンマシン・スピードバッグの特長

 

バーンマシンスピードバッグを両手で握って、グルグル回すだけというシンプルなものなのですが、背筋や腹筋、胸などの筋肉にかなりの負荷をかけることができます。

これまで筋トレでかなり筋肉を鍛えたと思っていたのですが、それでも数分くらい続けるとかなり筋肉がパンパンになります。

グリップ部分を回転させるだけで、腕立て伏せと比較して効果が7倍あると書かれていたのですが、確かに腕立て伏せをするよりもかなり高負荷です。

 

そして、筋トレグッズというのは、結構音を出してしまうものが多いのですが、スピードバッグはかなり静かで、無音と言ってもいいくらいです。

なので、時間を問わずにハードに筋トレをすることが出来る点も特長といっていいでしょう。

 

 

私のバーンマシン・スピードバッグの使い方と筋トレの方法

 

バーンマシンスピードバッグを使って、いろいろな方法で筋トレをしてきました。

そんな中で、一番いいと感じていま実践しているのは、サーキットトレーニングの一環として使う方法です。

 

サーキットトレーニングは休憩無しで色々な筋トレをするというものなのですが、スピードバッグは、複数の筋肉に負荷をかけることが出来るので、サーキットトレーニングに取り入れると効果を感じやすかったです。

私の場合は、瞬発力を鍛えるために無酸素運動もしていますが、スピードバッグはかなりスタミナを鍛えることもできます。

なので、ゆっくり呼吸をしながら、長く運動をする有酸素運動との相性もいいと思います。

実際にスピードバッグを使う前と比べると、瞬発力も持久力もかなり良くなってきていると実感しています。

使い始めたばかりの頃は、3分でもかなりきつかったのですが、今は3分でも少し余裕があるくらいになりました。

 

最初は短時間でセット数を増やしていくと、続けやすいのではないかと思います。

Sponsored Link

バーンマシン・スピードバッグを使う際の注意点

 

筋トレグッズというと、手軽に筋トレできるものというイメージを持っている人もいるかも知れません。

 

スピードバッグは筋トレをしている人がさらに効率よく筋トレをするためのグッズと言えますから、簡単に筋トレをすることが出来ると思って購入すると後悔するかもしれません。

また、あまり筋肉がない、筋トレをこれから開始するという人は、最初から5.5kgだと負荷がかかりすぎてしまって、挫折してしまう可能性もあります。

5.5kgというと、そこまで重くないと感じるかもしれませんが、グリップを回転させて遠心力をかけますから、かなり高負荷になります。

ですので、筋トレをスタートするのであれば、1.8kgなどのように軽いものか、最初は筋トレをする時間を短めにして、筋力がアップしたら徐々にトレーニング時間を増やしていくといいでしょう。

 

そうすれば、挫折せずに筋トレをしていきやすくすることができます。

まとめ

バーンマシンのスピードバッグを使ってみた感想などを書いてみましたが、参考になりましたでしょうか?

短時間の筋トレでも、かなり筋肉を使うことができていると実感しました。

それに、複雑な方法ではなく、とてもシンプルな方法で筋トレをすることが出来るので、これからもスピードバッグを使って筋トレをしていきたいと思います。

最初は、1万円以上する筋トレグッズを買うのはためらいもありましたが、使ってみていい買い物をしたと今でも思っています。

 

 

なお、アマゾンのカスタマーレビューの口コミ評価はこのようになっていました。

>> バーンマシン スピードバッグ 5.5kg

 

Sponsored Link

人気の投稿ページ

最近の投稿

この記事もよく読まれています。

カテゴリー

コメントを残す