ロングブレスダイエットのやり方と呼吸法!ウォーキングへの取入れ方は?

美木良介さんが考案したことで話題になったロングブレスダイエットのやり方は、呼吸法を意識するのがポイントです。

ロングブレスダイエットのやり方の基本は、長く強めの呼吸を繰り返す方法です。

深呼吸を激しめに行うといえばイメージしやすいでしょう。

このやり方を実践することで、インナーマッスルに刺激を与えられます。

代謝をあげることでやせやすく太りにくい体質を手に入れるのが、ロングブレスダイエットの目的です。

いつでもちょっとした空き時間に実践できますが、朝起きてすぐに行うと高い効果が期待できます。

なぜなら、眠っているときは代謝が下がっているため、朝起きてすぐに行えばそれだけスムーズに代謝も高まるからです。

そこで今回は、基本のロングブレスダイエットのやり方と呼吸法、ウォーキングにロングブレスダイエットを取り入れるやり方などについてご紹介します。

Sponsored Link

基本のロングブレスダイエットのやり方と呼吸法とは?

 

ロングブレスダイエットのやり方の基本は立った状態で行うことです。

 

1.背筋を伸ばして、おへその下にある丹田に力を入れるイメージで息を3秒吸いながらお腹をへこませます。

この時両手を頭の上に持っていきましょう。

2.今度が両手を下ろしながら、全身に力を入れて7秒間息を吐きます。

この時の呼吸のやり方でポイントは、吐き方です。

3.最初の3秒間は強く息を吐きだします。

4.そして残りの4秒はゆっくり肺の中にある息を吐き切る感じで行いましょう。

 

Sponsored Link

ウォーキングにロングブレスダイエットを取り入れるやり方

 

手軽に誰でも行える運動にウォーキングがあります。

有酸素運動の一つであるウォーキングは、脂肪燃焼に高い効果が期待できます。

ウォーキングを行っているときに、ロングブレスダイエットを実践するのもおすすめです。

手順は簡単です。

 

1.鼻から息を吸いながら4歩歩き、今度は口から息を吐きながら4歩歩く、このサイクルを繰り返すやり方です。

この時注意したいのは、おなかは常にへこませるように意識しましょう。

背筋を伸ばした状態をできるだけ保つのもポイントです。

2.ウォーキングでは、両腕も大きく動かします。

特に腕を後ろに持っていくときに、肩甲骨を動かすイメージを持ちましょう。

 

呼吸法と腕を上下するだけというロングブレスダイエットのやり方は、普段あまり運動しない人でも手軽に実践できると注目を集めています。

しかし、せっかく取り入れてもやり方が間違っていると、その効果も半減してしまいます。

上で見たように注意すべきポイントはいくつかありますが、決して難しくはないと思います。

まずは呼吸法を意識しつつ、余裕があればウォーキングとミックスしてみましょう。

 

一緒に読むと参考になる情報!

>> ロングブレスダイエットの効果とは?驚くべき3つの効果とは?

 

Sponsored Link

人気の投稿ページ

最近の投稿

この記事もよく読まれています。

カテゴリー

コメントを残す