50代からの太りにくい体の作り方!

50代からは、更年期太りに注意しましょう。 毎日、そんなに食べ過ぎているわけでもないのに、いつの間にか体重が増えますよね。 そして、中性脂肪やコレステロール値、血圧などの値が上昇し、脂肪もお腹の周りやお尻などにでっぷり付いて、顔のたるみもだんだんと目立ってくるのが50代です。 そんな50代の脂肪の付き方は、更年期太りとも呼ばれています。 私も50歳を越えたぐらいから

続きを読む

50代からのポッコリお腹の原因と体型別のタイプとは?

50代の更年期にもなると、途端にお腹もポッコリ出てくる人も多いようですね。 しかも、体重は前とそんなに変わらないのに、お腹だけがしっかりと脂肪がついてきて、貫禄太りなんていう風にも呼ばれています。 そんなポッコリとしたお腹の脂肪は、加齢による筋肉の衰えが原因の一つです。 つまり、お腹が背中による筋肉が衰え、それを取り巻く内臓を支えきれなくなってしまった結果、お腹がポッコリ

続きを読む

50代からのポッコリお腹を鍛える5つのエクササイズ方法

ポッコリとしたお腹をエクササイズでスッキリさせるには、腹直筋や腹斜筋、背筋などを鍛える必要があります。 腹直筋は、胸の下から下腹部までを支えている筋肉で、筋肉繊維が縦に無数に走っていきます。 ポッコリ突き出たお腹を凹ませるには、この腹直筋を鍛えるのが重要です。 また、腹斜筋は、肋骨の下付近から腰骨の上にかけて斜めに筋肉繊維が走っています。 キュッと引き締まっ

続きを読む

内臓脂肪ダイエットを始める前の基礎知識

リバウンドしにくいダイエットの方法にはどのようなダイエット方法があるのか、内臓脂肪ダイエットを始める前の基礎知識として理解しておきましょう。 一般的にダイエットというと、食べる物のカロリーを少なくすると共に、痩せる運動してと考えるのが一般的です。 しかし、事前に計画を立てたほど長く続かない事の方が多いのがダイエットです。  長く続かず途中で挫折してダイエットをやめてしまうため、リ

続きを読む

お腹の筋肉をつける筋トレのダイエットメニュー

お腹は体の中心の筋肉です。 お腹の筋肉を筋トレで鍛えると、姿勢や体型をきれいに見せる効果があります。 そこで、お腹の筋肉と体幹筋を鍛える筋トレのダイエットメニューをご紹介します。 お腹の筋肉をつける筋トレダイエットメニュー お腹の筋トレダイエットメニューはクランチと根本的に同じ動作をしますが、足の位置がポイントになります。 な

続きを読む

運動とその効果

内臓脂肪ダイエットを行う上で運動療法は、食事療法とともに大切な要素の1つです。 一般的にダイエットの運動療法といえば、ジョギングやウォーキング、サイクリング、水泳、エアロビクスなどの有酸素運動がいいと言われています。 これらの有酸素運動は、運動強度の強くないものを長時間続けることで、体の中に酸素を十分に取り入れつつ、筋肉にその酸素を供給しながら体脂肪を燃やしてくれる効果がありま

続きを読む

筋力トレーニングが内臓脂肪ダイエットに良い理由

同じような生活習慣をしていても、若い人と中高年の人では明らかに中高年の人の方が太りやすくなります。 その理由は、若い人に比べて中高年の人は基礎代謝が低下している上に、運動不足などで筋力が落ちているからなのです。 人間が消費する一日のカロリーは、運動代謝と基礎代謝の二つに分けられます。 運動代謝というのは、普段の動作や運動などをしたときに消費されるカロリーのことで、

続きを読む

有酸素運動と筋力トレーニングについて

内臓脂肪ダイエットするにあたって運動を取り入れる場合、1番大切なことは、身体に負担のかからない長続きする有酸素運動を選ぶことです。 その有酸素運動を選ぶ際の条件としては、お金がかからないこと、毎日できる運動であること、1人でもできることなどを考慮に入れるべきです。 そんな条件に1番最適なのが、ウォーキングです。 ウォーキングだとすべての条件に合致してるだけでなく、体の負担

続きを読む

簡単な筋力トレーニングの方法

内臓脂肪を減らすためには、筋力トレーニングなどの運動療法が効果的です。 しかし、忙しい社会人にとって、筋力トレーニングなどの運動療法が、内臓脂肪の予防や改善に役立つと分かっていても、なかなか時間がとれない人が多いのではないでしょうか。  日々筋力トレーニングが出来ない場合でも、街中をジムの代わりにして運動をしてみてはいかがでしょうか。 街の中やビルの中は、

続きを読む

筋力トレーニング(上半身編)

筋力トレーニングで体力アップをしながら、シェイプアップ効果を狙いましょう。 まずは上半身から、腕の前側の筋肉を強化しましょう。 この部分を鍛えると、夏の薄着の際でも引き締まったスリムな腕を手に入れることができます。 腕の前側の体力アップさせる筋力トレーニングは、ダンベルを使用します。 ダンベルがない場合は、水を入れたペットボトルなどを代用し、最初は軽いものから少しず

続きを読む