【内臓脂肪と有酸素運動との関係】内臓脂肪を改善する方法とは?

内臓脂肪 筋トレダイエット

筋肉力を上げたり、筋肉を増やすためには、筋肉を刺激する筋トレダイエットを実行するのが基本になります。

しかし、それだけでは体はついていけません。

 筋肉ダイエットを効率よく、安全に行うには食事の面でも気をつけることが重要なんです。

筋肉を効率よく増やすためには、筋トレダイエットにあわせて筋肉の材料となる栄養素、たんぱく質を十分補給することが大切です。

そこで、筋トレダイエット中でも、鶏肉のささみや魚、卵や乳製品、豆類などの良質なたんぱく質を効果的に摂取するようにしましょう。

また、しっかりした骨があれば、そこに付着する筋肉の質も向上します

なので、骨を丈夫にするカルシウムなどが入った小魚や、緑黄色野菜なども積極的に食事の中に取り入れるようにすれば完璧です。

「【内臓脂肪と有酸素運動との関係】内臓脂肪を改善する方法とは?」の続きを読む…

【お腹の筋肉を鍛える筋トレダイエットメニュー】クランチ運動のポイント

お腹 筋トレ メニュー

筋トレダイエットで筋肉の量を増やし、内臓脂肪を燃焼させるのが、内臓脂肪を撃退する最も適切な運動療法になります。

ちなみに筋肉には、「赤色筋肉」と「白色筋肉」の二つ種類がありますが、どっちの筋肉を強化するのが内臓脂肪を効率よく燃やすことができるのかご存じですか?

白色筋肉というのは、糖質をエネルギーとして瞬発的に力を発揮する筋肉です。

一方の赤色筋肉は、脂肪をエネルギーとして長期的に動かす筋肉となります。

この事から、脂肪をエネルギーとして動く赤色筋肉を強化するのが、内臓脂肪を燃やすには最も効率がいいと言えます。

そこで今回は、お腹の筋肉を筋トレダイエットのメニューとして、クランチ運動のソフト編とハード編のポイントをご紹介します。

「【お腹の筋肉を鍛える筋トレダイエットメニュー】クランチ運動のポイント」の続きを読む…

内臓脂肪を減らす運動とは?筋トレでダイエットするには順番も大切です!

内臓脂肪を減らす運動

内臓脂肪を減らす方法の一つとして運動療法があります。

この運動療法というのは、内臓脂肪を減らすのに効果の高い予防と改善方法なんです。

それでは、どんな運動療法が内臓脂肪を燃やすのに一番効率がいいのでしょうか?

例えば、よく運動療法として取り上げられるのがランニングやジョギングです。

しかし、ランニングやジョギングなどの運動では内臓脂肪を燃焼しようとしても、燃焼するのに時間がかかりますし、運動量も結構ハードになります。

それなら、筋肉トレーニング(筋トレ)はどうでしょうか?

「内臓脂肪を減らす運動とは?筋トレでダイエットするには順番も大切です!」の続きを読む…

内臓脂肪とメタボとの関係は?食べないダイエット方法の危険性とは?

内臓脂肪 メタボ 関係

これまでダイエットというと、皮下脂肪ばかりが注目を浴びていました。

しかし最近では、内臓脂肪の方が注目を浴びているようですね。

内臓脂肪というのは、皮膚と臓器の間ではなく、内臓周辺に蓄積された脂肪の事をいいます。

この内臓脂肪は、近年話題になっているメタボの原因であり、中高年を中心にとても危険な脂肪なんです。

そこで今回は、内臓脂肪とメタボとの関係食べないダイエット方法の危険性内臓脂肪の蓄積のメカニズムと予防対策などについてご紹介します。

「内臓脂肪とメタボとの関係は?食べないダイエット方法の危険性とは?」の続きを読む…