【筋トレで内臓脂肪ダイエットにおすすめの食事】牛乳と肉の種類や食べ方

筋トレ 牛乳 おすすめ

筋トレで内臓脂肪の蓄積を予防し改善するためには、内臓脂肪ダイエットなどの運動療法だけでなく、食事療法も必要になります。

しかし、カロリーを気にするあまり、牛乳を摂取するのを控えている人が多いようです。

でも、牛乳に含まれるカルシウムは、骨を作るのに大切な成分になりますし、牛乳の脂肪分は体によい事の方が多いです

なので、できるだけ摂取するようにしましょう。

 骨を丈夫にしてくれると、質の良い筋肉が作れますからで、筋トレダイエットにも牛乳は役立ってくれていると言えるのではないでしょうか。

 また、一日1杯の牛乳を飲んで、内臓脂肪の食事療法と運動療法をすると、骨や筋肉を落とすことなく、余計な体脂肪だけを落とす事が科学的にも証明されています。

もっとも、牛乳が体にいいからといって過剰に摂取すると、逆にカロリーの取りすぎとなり、逆効果になってしまいます。

そのため、適度に取り入れて筋トレダイエットを成功させましょう。

スポンサーリンク


内臓脂肪ダイエットでおすすめの肉は?

内臓脂肪 肉

筋トレで内臓脂肪を減らすためのダイエットを行う時は、食事に関しても気を使う事が大切になります。

 食事のメニューに肉を使用する時には、脂身の少ない牛肉や豚肉、ラム肉などの赤身や、鶏のささみなどを選ぶのが賢い選び方になります。

また鶏肉は、他の種類などに比べると低カロリーなのですが、皮の部分は結構カロリーが高いです。

なので、勿体ないのですができるだけ鶏皮の部分は剥いで使うなどの工夫が必要になります。

ラム肉は、内臓脂肪などの脂肪を燃やす働きがありますので、おすすめの食材といえます

 肉の加工品であるハムやソーセージを、食事のメニューに取り入れるときは、油で炒めるのではなくボイルにすると、余分な油分が落ちてカロリーダウンになります。

筋トレで内臓脂肪を効率的に落とすためのダイエットと併用して、こうした肉の種類や食べ方にも気をつけるようにしましょう。

スポンサーリンク


猪肉が筋トレと内臓脂肪ダイエット良い理由

猪肉 筋トレ

筋トレで内臓脂肪を効率よく燃やすためのダイエットを併用して、食べる物にもポイントを置きましょう。

内臓脂肪を燃やす優れた働きが期待できる食品の中には、猪肉があります。

猪肉はボタン鍋として使われますよね

 そんな猪肉には、内臓脂肪を燃焼してくれるだけでなく、血栓ができるのを防ぐDHA(ドコサヘキサエン酸)が、牛肉の約1.4倍も多く含まれています。

そういう意味で言えば、肉の中でも内臓脂肪ダイエットに大きく期待がもてる食品の一つになります

なお、猪は農作物を荒らす有害獣とされ、何年か前には全国で約27万頭の猪が処分されました。

しかし、今では猪を貴重な食料資源として扱っていて、猪肉の特産化が進んでいるそうです。

猪の肉は、あまりスーパーなどでは馴染みがないため、食べた事がない人も多いようです。

でも、最近ではネット販売や、レトルトカレーなどの加工品も販売されていますので、内臓脂肪を撃退するために一度試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク



シボヘール

コメントを残す