朝バナナダイエットのメリットとデメリット

朝バナナダイエットは、私がおすすめしている内臓脂肪ダイエットにも効果的なダイエット方法の一つです。

朝食にバナナと水を摂るだけで、あまり制限のない朝バナナダイエットですが、基本的に良い所が多いのですが、悪い所もあるようです。

そんな朝バナナダイエットのメリットとデメリットをご紹介します。

朝バナナダイエットのメリットとは?

朝バナナダイエット メリット

  朝バナナダイエットのメリット(良い所)

  朝食はバナナと水だけになりますが、それ以外の食事に制限がほとんどないということです。

水は頻繁に飲む習慣をつけた方がいいようですが、そうすることで体の中の循環機能が良くなる感じです。

  バナナ自体に含まれている栄養が体に良い効果をもたらしてくれます。

ビタミン、ミネラル、食物繊維を摂ることができ、食物繊維はお通じを良くしてくれるので、便秘でお悩みの方も解消できます。

また、酵素も含まれているので、体の新陳代謝を活性化してくれる働きがあります。

バナナは消化が早いため、脂肪を燃焼する時間が長くなり、痩せるのに効率的なようです。

  夜は0時までに就寝することが理想的とされていますが、しっかりとぐっすり眠ることで胃腸の休息することもできます。

  朝の忙しい時間帯でも、バナナなら皮を剥くだけで食べることができますし、朝食の準備時間が短縮できます。

朝は、わずか1分でも時間が惜しいですものね。

  朝バナナダイエットのコンセプトにもあるように、我慢しなくても良い、お金もかからない、時間もかからない、と非常にお手軽なダイエット方法です。

スポンサーリンク


朝バナナダイエットのデメリットとは?

朝バナナダイエット デメリット

  朝バナナダイエットのデメリット(悪い所)

  バナナを食べ過ぎてしまうと、免疫力の低下や尿路結石、発がん率が上がる可能性があるとの指摘もあるようです。

  たっぷりと朝食をメインで食べたい方には、朝に好きな物を食べることができないのがつらいです。

また、基本的なことですが、果物やバナナがあまり好きではない方には不向きですね。

  基本的に水しか飲めないことや水をたくさん摂るように習慣づけないといけないことです。

  夕食を18時まで、遅くても20時までに食べないといけないのが、生活サイクル的に難しいことです。

0時までの就寝も、夜型の人間にとっては難しいかも知れませんね。

  水をたくさん摂るのが苦しいという方にはしんどいです。

スポンサーリンク


まとめ

  以上のように、朝バナナダイエットにもメリットとデメリットが確かにあります

それは私自身も体験して実感しました。

  しかし、朝バナナダイエットのデメリットと言われている点で、普段から水分を取らない方にはつらいかもしれませんが、体にとってはできるだけ水分を摂る方が健康のためにも良いです。

  また、夕食や就寝の時間帯も夜型の方にとっては、その生活スタイル自体から改善した方がいいのではと思ってしまいます。

  ダイエットするには、規則正しい生活を送ることが基本ですので、そういう方は、まずはそこから改善していくのがいいかもしれませんね。

そう考えると、朝バナナダイエットにはほとんどデメリットはないのかなと思いますよ

スポンサーリンク


コメントを残す