内臓脂肪ダイエットするには、食事の回数や主食、腹八分目が大切です!

内臓脂肪 ダイエット 筋トレ

筋トレで内臓脂肪を減らすためのダイエットと併用して、食事にも気を使い、内臓脂肪の改善効率を上げましょう。

内臓脂肪を蓄積しにくくする方法には、食事の回数を多くとるという方法があります。

 この内臓脂肪ダイエットの食事療法は、一日の食事回数を3回ではなく、5回や6回に分ける代わりに、1回の摂取する量やカロリーを調整するという方法です。

1回に食べる量を減らし、食事回数を増やすという食事療法をすると、痩せやすい体となり、内臓脂肪を効率的に減らす事が出きます。

それと、食事と食事との間は、2時間ぐらいを目安にするのがいいです

ただし、筋トレで内臓脂肪ダイエットを行う場合は、空腹時の方が効率があがりますので、その点も考慮に入れるようにして下さい。

体が慣れない場合は、無理をせずに体調管理を心がけて行うようにしましょう。

スポンサーリンク


内臓脂肪ダイエットの食事の回数

内臓脂肪 ダイエット 食事

筋トレで内臓脂肪を撃退するためのダイエットに合わせて、食事の時の主食に関しても注意をするようにしましょう。

内臓脂肪を減らすためには、過度なカロリーの摂取は厳禁になります。

主食のご飯や麺類などを食べ過ぎてしまっては、せっかく筋トレで内臓脂肪ダイエットを行っていても、内臓脂肪を減らす事は期待できなくなってしまいます。

 なので、食事の際には主食重視ではなく、カロリーの低い食材や野菜を使ってボリュームアップさせた食事を多く摂るようにしましょう。

また、主食を選ぶ時には、腹持ちが良いものを選ぶ事も大切です

パンやシリアル、うどんなどの消化の良い主食は、体内に吸収されるのが早いので、満腹感を感じる時間が短くなり、すぐにお腹が空いてしまいます。

 そのため、消化しにくい玄米やパスタなどを主食に選び、筋トレで内臓脂肪ダイエットの活力にしましょう。

スポンサーリンク


内臓脂肪ダイエットでは腹八分目がおすすめ

内臓脂肪 ダイエット 腹八分目

筋トレで内臓脂肪をダイエットで落とすには、食事の取り方も気をつけることが大切になります

 いくら筋力トレーニングなどの運動療法を行っていても、運動したからといって食事の量を増やすと、内臓脂肪ダイエットの効果が激減してしまいます。

なので、日々の食事は腹八分目に抑えるように努力しましょう。

特に、夜の食事で摂取したカロリーは、体に蓄積されやすく内臓脂肪や、メタボリックシンドロームになってしまいます。

腹八分目を実行するのは、最初はなかなか難しいと思います。

しかし、少ない量でも満腹感を味う為に、よくかんで食べると満腹中枢を刺激し満足感を得ることができます

筋トレで内臓脂肪を減らすためのダイエットだけに頼らず、食事の取り方も考えなければ、よい結果は生み出せませんよ。

スポンサーリンク


コメントを残す