【内臓脂肪と有酸素運動との関係】内臓脂肪を改善する方法とは?

内臓脂肪 筋トレダイエット

筋肉力を上げたり、筋肉を増やすためには、筋肉を刺激する筋トレダイエットを実行するのが基本になります。

しかし、それだけでは体はついていけません。

 筋肉ダイエットを効率よく、安全に行うには食事の面でも気をつけることが重要なんです。

筋肉を効率よく増やすためには、筋トレダイエットにあわせて筋肉の材料となる栄養素、たんぱく質を十分補給することが大切です。

そこで、筋トレダイエット中でも、鶏肉のささみや魚、卵や乳製品、豆類などの良質なたんぱく質を効果的に摂取するようにしましょう。

また、しっかりした骨があれば、そこに付着する筋肉の質も向上します

なので、骨を丈夫にするカルシウムなどが入った小魚や、緑黄色野菜なども積極的に食事の中に取り入れるようにすれば完璧です。

スポンサーリンク

内臓脂肪と有酸素運動との関係

内臓脂肪 有酸素運動

内臓脂肪と言うのは、筋トレダイエットだけでなく、有酸素運動を取り入れるとさらに効果があがります

 有酸素運動とは、全身の持久力があがるだけでなく、体内の糖代謝や脂肪代謝を改善向上させるので、内臓脂肪の予防や改善に役立ってくれます。

そこで、筋トレダイエットと有酸素運動をあわせることで、効率よく脂肪が燃焼し、内臓脂肪がなくなりやすくなるということになります。

内臓脂肪は、皮下脂肪よってエネルギーが放出されやすくなるという特徴があります。

ですから、有酸素運動時間がながければ長いほど、蓄積された内臓脂肪が減るということになるのです。

それには、長い間、有酸素運動を行う事ができるウォーキングを取り入れましょう

 筋トレダイエットで筋力をアップしてからウォーキングの有酸素運動を行うと、内臓脂肪の蓄積や改善効果はさらにパワーアップしますよ。

 

黒烏龍茶で内臓脂肪を改善する方法

黒烏龍茶 内臓脂肪

筋トレダイエット以外の方法でも、内臓脂肪は減らす事ができます。

内臓脂肪の蓄積を予防したり改善したりするために、「黒烏龍茶」を利用した改善方法というのがあります

ウーロン茶は、中国古来から健康によいお茶という認識があります。

また、近年科学的にも体によいことが実証されており、特定保健用食品としても認められています。

 黒烏龍茶には、ウーロン茶重合ポリフェノールという成分が多く含まれいます。

そのため、食事の時に取り入れた脂質を抑える働きと、食後の中性脂肪の上昇を抑える効果が期待できるようです。

また、黒ウーロン茶には内臓脂肪の蓄積原因でもある、生活習慣による体のリズムを正常に戻す働きもあるようです

筋トレダイエットの合間や食事の際の飲み物として、これからはできるだけ黒烏龍茶を飲み、内臓脂肪の蓄積を防ぐように心掛けましょう。

スポンサーリンク


特定保健食品を利用した内臓脂肪ダイエット

特定保健食品 内臓脂肪

最近、メタボリックシンドロームを心配される多くの人が、原因となる内臓脂肪の蓄積を予防するために特定保健食品を利用している人が多いようです。

特定保健食品が注目されている理由というのは、国が効果を証明している所にあります。

特定保健食品には、生理学的機能などに影響を与える成分が含んいます

 そのため、血圧や決優のコレステロールを正常に保つ保健効果が、国の科学的根拠を提示して、有効性や安全性を証明しています。

国が効果を補償している食品ですので、安心して毎日の食事に取り入れることができます。

つまり、ダイエット効果や内臓脂肪の蓄積予防や改善に効果を出す事ができるのです

体内を整えてくれる効果のある特定保健食品と、筋トレダイエットをうまく併用して利用することにより、内臓脂肪を効果的に撲滅させましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す