17日間ダイエットで食べて良いものと食べてはいけないものとは?

17日間で絶対に痩せるという17日間ダイエット

そのやり方は、17日間を1つのサイクルとして第1サイクル~第4サイクルまで行うダイエット方法です。

しかし、17日間ダイエットでは、食べて良いものと食べてはいけないものが明確に分かれていますので、その辺を詳しくご紹介します。

どんなことをするか?
・1日17分間の簡単な運動を行う。
・炭水化物は控えるようにする。
・水を1日2リットル飲むようにする。
・食事はカロリーを考えながら調整して食べることです。

17日間ダイエットで食べて良いものとは?

17日間ダイエット 食べていいもの

  17日間ダイエットで食べて良いものは、卵や芋、豆類以外の野菜と、皮や油を取り除いた鶏の胸肉など肉、ヒラメ、カレイ、サーモン、ライトツナなどの魚です。

  特に食事の味付けはあっさりしたもので、塩分も薄めにしましょう。

1サイクルごとに段階を重ねていき、体重を落としていく17日間ダイエット方法は、一見簡単なダイエット方法にも思いますよね。

しかし、17日×4サイクルですので、ほぼ2ヶ月間ぐらいの短期集中型のダイエット方法なのです。

 

  この17日間ダイエット方法には、メリットやデメリットもあって、特に食事で食べて良いものと食べてはいけないもののルールを守ることが必要です。

何よりも第1サイクル~第4サイクルまでというようにダイエットの期間が決まっているのもいいですよね。

ダイエットをしていても、いつになったら痩せられるのだろう、いつまでこれを続けるのだろう…と思ってしまいます。

 

17日間ダイエット方法はサイクルごとにやることが明確ですので、この日までこれを頑張る!といったかたちで、目標も立てやすいです。

ただし、17日間ダイエットは一見簡単に思えますが、意外に難しいダイエット方法かもしれません。

  なぜなら、食事にこだわり、食生活を意識しながら進めていきますので、食べて良いものと食べてはいけないものの食事制限がストレスに感じられる方にはあまり向いていないかもしれません。

スポンサーリンク


17日間ダイエットで食べてはいけないものとは?

17日間ダイエット 食べてはいけない

  17日間ダイエットで食べてはいけないものは、炭水化物を中心とした主食です。

  特に、ご飯やパン、ラーメン、うどん、パスタなどの炭水化物もそうですが、ケーキやスイーツなどの糖分の多い食品も食べてはいけないものです。

  さらに、脂分の多い肉や魚も食べてはいけないものに入ります。

  このように、食べていいものが制限されますし、時期によってこれは食べてはいけないものが多いなど、ルールがありますので、結構細かく制限されています。

自分の食べたいものが食べれないというところから、ストレスもたまってしまう可能性もあるということです。

そして、1日17分間という運動ですが、もっと運動して燃焼したい方には物足りないように思われるかもしれません。

でも、反対に日頃運動をしていない方には、毎日17分間のウォーキングをしないといけないと思うと、意外と長く感じてしまう方もいます。

スポンサーリンク


まとめ

17日間ダイエット方法は、運動が好きな方にはいいですが、運動が苦手な方や嫌いな方には向いていないダイエット方法かもしれません。

  それに、この第4サイクルまで終わったからと言って、決してダイエットは終わりではないですし、その後、暴飲暴食してしまっては全てがムダになってしまいます。

その後も食べて良いものと食べてはいけないものの食事制限に気をつけ、まめにできる方には向いていると思いますよ。

スポンサーリンク


コメントを残す