筋トレダイエットと食事療法で内臓脂肪を減らす効果的な食べ物とは?

内臓脂肪 減らす 食べ物

内臓脂肪を減らす方法には、筋トレダイエットなどの運動療法が効果的ですが、食事療法と併用することで、内臓脂肪撃退の効果が向上します。

そんな内臓脂肪予防や改善に、味噌 を利用した食事用法があります。

味噌に含まれるメラノイジンという成分には、腸のぜん動運動が活発にしてくれる働きがあります。

そのため、基礎代謝の働きが高くなり、内臓脂肪の蓄積を防いでくれるというわけです

また、ダイズペプチドという成分には、腸の交感神経に働きかけ、代謝が高くなる働きがあり、内臓脂肪の蓄積を防いでくれます。

この他にも、大豆サポニンという成分には、腸が脂肪の吸収をする時間を遅らせてくれるので、痩せやすい体を作りダイエット効果も期待できるようです。

 このように、日本食で多く使われる味噌には、内臓脂肪を減らすのに様々な効果が期待できるため、効果的に予防や改善に利用しましょう。

内臓脂肪 味噌

スポンサーリンク

内臓脂肪の燃焼にシモン芋茶がいい理由とは?

内臓脂肪 シモン芋茶

筋トレダイエットは、筋力をアップして基礎代謝を向上させ、余分な内臓脂肪を減らす事が出来る運動療法です。

しかし、それと合わせて日々の飲料水を シモン芋茶 に変えることで、内臓脂肪の燃焼効果が向上されると言われています。

 なぜなら、シモン芋茶にはマグネシウムやカルシウム、鉄なのどミネラル類や、ビタミンK、βカロチンなどのビタミン類、ポリフェノールやヤラビン酸などが豊富に含まれています。

そのため、内臓脂肪に悩んでいる体内を、健康にしてくれる効果があると言われているのです

また、シモン芋の葉の部分には、大量の食物繊維が含まれています。

なので、腸の活動を活発にさせることで、基礎代謝が向上し、内臓脂肪を燃えやすくする体作りに役立ってくれます。

シモン芋茶を日常生活の中で、普段の飲料水代わりに飲む食事療法を取り入れるだけで、内臓脂肪の改善と予防が期待されますので、是非試してみて下さい。

スポンサーリンク


内臓脂肪の燃焼効率を上げるトマトジュースの効果とは?

内臓脂肪 トマトジュース

筋トレダイエットなどの運動療法と、トマトジュース を併用することでも、内臓脂肪の改善を効率よく進める事が出来るようです。

トマトジュースの成分には、運動能力の向上効果が期待できます

 そのため、筋トレダイエットなどの内臓脂肪を燃焼させる運動療法と併用して利用すると、より効果が上がるようです。

しかし、トマトジュースやトマトなどが苦手な人も多いかと思われます。

 そんな場合は、レモンを絞って入れたり、オレンジジュースなどと割るなどの飲み方の工夫をして摂取して、内臓脂肪撲滅を図りましょう。

朝の通勤などで、一駅余分に歩く時に、朝食にトマトジュースを取り入れるなどしてもいいかもしれませんね。

トマトジュースを毎日の生活に取り入れ、内臓脂肪ダイエットを成功させましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す